Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/240-3a47b1ea

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

( ^ω^) 超人ブーンの冒険のようです

 
【紹介】-------

 正義に生きる改造人間、人呼んで超人ブーン!
 街の平和は彼のワキガに委ねられている。
 巻き毛怪人の魔手を打ち砕くべく、博士とともに……頑張れ、色々と。

 ※”ブーンが語るようです”さんで紹介されているのを読み、面白かったのでまとめてみました。

  作者: ID:4N2JE46c0
   ログ: http://wannabe.fam.cx/service/2ch_01/read.cgi?news4vip/1199121340/(保管庫さん)
 
 


 
7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:21:28.77 ID:4N2JE46c0

( ・∀・)「街に怪人が現れた! 出動だ、超人ブーン!」

( ^ω^)「はい!」


――超人ブーンの冒険のようです


( ^ω^)「ところで、僕の体のどこを改造したんですか? モララー博士」

( ・∀・)「ん?」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:25:36.08 ID:4N2JE46c0
( ・∀・)「そりゃあ凄い改造さ」

( ^ω^)「具体的にはどの辺を?」

( ・∀・)「ちょっとそこのランニングマシーンで走ってみてくれ」

(;^ω^)「ふぅ、ふぅ、ふぅ……」

(;^ω^)「走り終わりました!」

( ・∀・)「脇のへんを手でこすってみるんだ」

( ^ω^)「ごしごし」

( ・∀・)「そして臭いを嗅ぐ」

( ^ω^)「臭いです」

( ・∀・)「ふふふ……つまりそういうことさ(ニヤリ)」

(;^ω^)「そんなかっこつけて言われても! これで敵を倒せと!?」


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:30:52.54 ID:4N2JE46c0
( ・∀・)「今までの超人はみんなそうやって敵を倒している」

(;^ω^)「これはただのワキガでしょう?」

( ・∀・)「失敬な。臭いで攻撃する画期的な武器だ」

( ^ω^)「それで倒される敵がしょうもないですね」

( ・∀・)「さあ行くんだブーン! 街の平和は君のワキガにかかっている!」

(;^ω^)「やっぱりワキガだったちくしょう!」


街に出た。


( ^ω^)「あれが怪人か」

ξ゚⊿゚)ξ「ふははは。全人類を巻き毛にしてやる」

ξ´・ω・`ξ「やめてー」

( ^ω^)「やめるんだ巻き毛ウーマン!」

ξ;゚⊿゚)ξ「誰が巻き毛ウーマンだ! 私の名前はうんこヘアーツン子だ」

( ^ω^)「まだ巻き毛ウーマンの方が良かった」

ξ゚⊿゚)ξ「貴様も巻き毛にしてやる!」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:35:47.25 ID:4N2JE46c0
ξ;^ω^)「ぎゃああああ! 早速やられた! 特にダメージは無いけど!」

ξ゚⊿゚)ξ「その巻き毛になった者は五分以内に死ぬ」

ξ´・ω・`ξ「ぐふう」

ξ;^ω^)「見た目の割に殺傷能力すげえ!」

ξ゚⊿゚)ξ「お前の命も後少しだ!」

ξ ^ω^)「そうはいくか! 時間までにお前を倒す!」

ξ;^ω^)「ふぅ……ふぅ……」

ξ゚⊿゚)ξ「急に反復横跳びを始めて何やってるんだ?」

ξ ^ω^)「涼しい顔をしていられるのも今のうちだお!」

ξ ^ω^)「喰らえ! えーと……技名がわからない! 汗かいた後脇の手をこすった手ー!」

ξ;゚⊿゚)ξ「くっさ! 中々やるわね! 特にダメージは無いけど!」

ξ;^ω^)「やっぱ使えねえこれ!」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:39:53.21 ID:4N2JE46c0
( ・∀・)「安心しろブーン」

ξ ^ω^)「モララー博士!」

ξ゚⊿゚)ξ「誰だお前は!」

( ・∀・)「木村拓哉……SMAPさ」

ξ;^ω^)「モララー博士!?」

ξ*゚⊿゚)ξ「きゃー大ファンです!」

ξ;^ω^)「信じたー! ファンなら偽物って気付け!」

ξ゚⊿゚)ξ「偽物!?」

( ・∀・)「ちょ、待てよ」

ξ;^ω^)「似てねー!」

ξ*゚⊿゚)ξ「きゃーやっぱり本物だわ!」

ξ;^ω^)「気付けー!」

( ・∀・)「冗談はこのくらいにして、ブーンよ。お前にはまだ必殺わざがあるのだ」

ξ ^ω^)「本当かお!」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:43:44.15 ID:4N2JE46c0
( ・∀・)「まず反復横跳びを百回するのだ」

ξ;^ω^)「さっきやったからいいお!」

( ・∀・)「次に靴と靴下を脱ぐのだ」

ξ ^ω^)「ぬぎぬぎ」

( ・∀・)「足の指の間を高速でこするんだ!」

ξ ^ω^)「ごしごしごしごしごしごしごしごしごし」

( ・∀・)「そしてその手を敵に」

ξ;^ω^)「結局臭いじゃねーか! くそーでも時間が無い! やってやる!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ぎゃあああああ!」

ξ ^ω^)「効いたお!?」

ξ;゚⊿゚)ξ「地味に臭い! 鼻が曲がりそうよ! 特にダメージは無いけど!」

( ・∀・)「だろうね」

ξ#^ω^)「だろうな!」


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:47:53.15 ID:Rm96E8Gn0
ξ゚⊿゚)ξ「ええい!この博士も巻き毛にしてやる!」

ξ ・∀・ξ「ぐわぁ!」

ξ;^ω^)「博士ー!」

ξ ・∀・ξ「俺はもう駄目だ・・・敵を取ってくれ、ブーン」

ξ゚⊿゚)ξ「ははは、次はお前の番だ!」

ξ `ω´)「俺は怒ったぞー!」

ξ゚⊿゚)ξ「ぐわぁ!純粋に腕力でねじ伏せやがった!」

ξ `ω´)「正義は勝つ!」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:48:27.97 ID:4N2JE46c0
ξ;^ω^)「ひいいいいそろそろ五分経つおー!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、間違えた。五分じゃなくて五時間だ」

ξ;^ω^)「急に余裕出てきた!」

ξ´・ω・`ξ「五分経ったから死んだと思ってたら生きてた」

( ・∀・)「ブーン。まだ君にはさらなる改造があるのだよ」

ξ゚⊿゚)ξ「えい」

ξ ・∀・)「それを使えばこの勝負、勝てるぞブーン!」

ξ;^ω^)「今度は本当ですよね! あとあんたも今危ないお!」

ξ;・∀・)「ひぃぃぃぃいつの間に! もう遊んでる場合じゃねえ!」

ξ#^ω^)「遊んでんじゃねえ!」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:52:23.69 ID:Rm96E8Gn0
ξ ・∀・)「まず、両手をクロスさせる」

ξ ^ω^)「こうか?」

ξ ・∀・)「次に両足を肩幅に開いて」

ξ゚⊿゚)ξ「させるか!死ねぇ!」

ξ ・∀・ξ「ぐわぁ!」

ξ;^ω^)「博士ー!」

ξ ・∀・ξ「俺はもう駄目だ・・・敵を取ってくれ、ブーン」

ξ゚⊿゚)ξ「ははは、次はお前の番だ!」

ξ `ω´)「俺は怒ったぞー!」

ξ゚⊿゚)ξ「ぐわぁ!純粋に腕力でねじ伏せやがった!」

ξ `ω´)「正義は勝つ!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:54:04.12 ID:4N2JE46c0
ξ;・∀・)「乳首のスイッチを押すんだ!」

ξ;^ω^)「右ですか!? 左ですか!?」

ξ;・∀・)「真ん中という選択肢もありうる」

ξ;^ω^)「怖いお! とりあえず右を押してみます! ぽちっとな」

ξ;゚⊿゚)ξ「何をする気!?」

ξ;゚ω゚)「ほおおおおおおお体に力が溢れてくるおおおおおお!」

( ∵)ボイン

( ∵)やったお! 何か変身出来たお! これが正解だったんですね博士!

ξ;・∀・)「うわあ……」

( ∵)ちくしょおおお違ってたっぽい!


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 03:59:59.91 ID:4N2JE46c0
ξ;・∀・)「いやあってるよきっと。試しに戦ってみなよ」

( ∵)もうこうなったらやけくそだちくしょう! いくぞ巻き糞ガール!

ξ;゚⊿゚)ξ「うんこヘアーツン子だって言ってんでしょうが!」

( ∵)ブーンパンチ! ブーンキック!

ξ;゚⊿゚)ξ「痛い! 痛い! なんか間違えてチョコと一緒に銀紙噛んだ時の痛みが走る!」

ξ ・∀・)「それこそがこのスーパーハニワパワーの力さ」

ξ;゚⊿゚)ξ「お前今考えただろ! パワーと力って同じ意味だぞ!」

( ∵)参ったかうんこ!

ξ#゚⊿゚)ξ「うんこヘアーだって何度言ったらわかるんだよ!」

ξ ・∀・)「大差無いぞ」

ξ;゚⊿゚)ξ「あんたも巻き髪にしてやる!」

ξ「ぎゃああああ!」

ξ;・∀・)゚⊿゚)ξ「ぎゃあああああ!」


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:05:20.81 ID:4N2JE46c0
ξ;゚⊿゚)ξ「なんで全身が巻き髪になってんのよ! 何だその体! 髪か! 髪かそれ!」

ξ ・∀・)「うむ。髪こそがハニワデストラクションの本体さ」

ξ;゚⊿゚)ξ「名前変わってるぞ!」

ξ「意外に気持ちいいお」

ξ;゚⊿゚)ξ「喋るな気持ち悪い! 元に戻してやるわ!」

( ^ω^)「ちょっと名残惜しかったり」

ξ ・∀・)「ブーンよ。今度は左の乳首を押すのだ」

( ^ω^)「わかったお! ぽちっとな」

从 ゚∀从ボイン

从 ゚∀从「今度は正解っぽいお!」

ξ;・∀・)「あちゃー」

从#゚∀从「どっちにしろかよ!」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:10:26.51 ID:4N2JE46c0
ξ;・∀・)「違うんだ。それは正解なんだが、奴には効かないんだ」

从;゚∀从「ど、どうしてだお!」

ξ;・∀・)「それはキューティガールという姿で、色仕掛けで敵を倒す形態なんだよ」

从;゚∀从「女相手じゃ意味が無いってことかお!」

ξ ・∀・)「まあせっかくなったんだから、私とデートでもしよう」

从#゚∀从「するか! 忘れてはいないだろうけどアンタの寿命あと五時間無いんだぞ!」

ξ;・∀・)「そうだった!」

从;゚∀从「忘れてたー!」

ξ;゚⊿゚)ξ「その女の姿、どこかで見たことあるわね」

从 ゚∀从「え?」

ξ;゚⊿゚)ξ「何処だったかしら……近くのファミマだったような……」

从;゚∀从「それは流石に人違いだお!」

ξ ・∀・)「ばれてしまったか……」

从 ゚∀从「あってたー!」


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:18:33.36 ID:4N2JE46c0
ξ ・∀・)「これは話すと長くなるんだが……先週こういうことがあったんだ」


~  回想  ~

从 ゚∀从「弁当暖めますか」

( ・∀・)「はい」

( *・∀・)「それと、私の心も、暖めてはもらえないでしょうか」

从 ゚∀从「480円になります」

( ・∀・)「一万円で」

~  回想  ~


ξ ・∀・)「……ということがあってな」

从;゚∀从「みじけえ! それにちょっと恥ずかしい!」

ξ ・∀・)「大丈夫だ。その形態になっても使える必殺技がある」

从 ゚∀从「本当ですか博士! もはや期待はしてないけど!」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:22:56.73 ID:4N2JE46c0
ξ ・∀・)「まず反復横跳びを十億回するんだ!」

从;゚∀从「わかりま……無理だ!」

ξ ・∀・)「もはや我々に手は無い」

从;゚∀从「何のための改造だったんですかお!」

ξ゚⊿゚)ξ「ふん。下らない余興だったわね」

从;゚∀从「本当に下らなかったから反論できねえ!」

ξ ・∀・)「仕方ない。では私が戦おう」

从;゚∀从「は、博士が!? 無理ですお!」

ξ ・∀・)「安心しろ。もう電子レンジでゆで卵は作れないことを学習した私に不可能は無い」

从;゚∀从「いつも電子レンジが卵まみれだったのはお前の仕業か!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:29:54.65 ID:4N2JE46c0
ξ ・∀・)「行くぞうんこヘアーツン子!」

ξ;゚⊿゚)ξ「急に反復横跳びを始めた! 好きだな反復横跳び!」

ξ;・∀・)「うおおおおおおお」

从 ゚∀从「何という高速な反復横跳びだお!」

ξ´・ω・`ξ「あれは反復横跳びでは無い。空気中のエネルギーを集めているのさ」

从;゚∀从「ここに来て一般人だった奴が重要キャラっぽくなってきた!」

ξ;・∀・)「くらえ! 超人奥義、汗かいた後脇の手をこすった手ー!」

从;゚∀从「まさか博士も超人!? ていうか技名これで良かったのか!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ぐあああああああああ!」

...;;::::⊿゚)ξシュワシュワシュワウンコブリブリ……

从;゚∀从「怪人が消えていく……何だその消え方!」

( ・∀・)「元に戻れた」

从 ゚∀从「博士……貴方は超人だったのですかお!?」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。:2008/01/01(火) 04:34:45.24 ID:4N2JE46c0
いつの間にか、空は夕日で真っ赤に染まっていた。


( ・∀・)「さあね……。ただ一つだけ言えることがある」

( ・∀・)「今までの超人は、みんなワキガで怪人を倒してきたということさ」

从 ゚∀从「博士……」

( ・∀・)「さあ、帰ろう」

从 ゚∀从「はい!」


僕の初めての出動は、ひとまず終わった。
これからも怪人は現れるだろう。
でも僕は、必ずこのワキガで敵を倒し続ける。
それが、超人であることの勤めなのだから。


从 ゚∀从「ところで、どうやったら元の姿に戻れるんですかお?」

( ・∀・)「え」


――超人ブーンの冒険のようです   終わり









 →短編まとめ・感想インデックスページへ戻る

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/240-3a47b1ea

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。