Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/332-80781508

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

('A`)ドクオがモテモテになる夢を見たようです・改 (5)-1

 
  1、イケメンに生まれ変わり、モテモテ街道を歩みたい。


从'。`リル「……別にいいよ、イケメンだろ? モテモテになれるんだろ?
     つーか、それこそ願ったり叶ったりだ」

やっぱり、俺は女なんかになれそうにもない。
この自分に未練がないわけじゃなかったが、これ以上男たちにモテるのもごめんだ。

かわいい彼女や未来の嫁をゲットする為には、イケメンになる以外、方法はない。
最初から、悩む必要なんてないんだ。

( ・∀・)「そっかー。やっぱりそっちを選ぶんだねー」

从'д`リル「……あ、ああ。 当然だ」

( ・∀・)「わかったよー。
      じゃあ、できる限りイケメンに近づけるように頑張ってみるね」

从'。`リル 「お、おう……」

从/-//リル「……痛くしないでね」

( ・∀・)(やっぱり未練あるんじゃないのかなー)





(* ・∀・)「では、前回と同じく、先に夢から覚めてもらいますんで」

从'д`リル「……はあ、ま、それは別にいいんだけどさ。
     つーか、何で願いを叶えるたびに、
     いちいち、わた……俺を夢から追い出そうとするんだ?」

( ・∀・)「うん、君をイケメンにするための魔法をかけなきゃいけないんだけどね。
      ちょっと……見られてると恥ずかしいからさあ」

从'、`;リル「恥ずかしいって、お前のその姿は充分恥ずかしいだろ」

どれだけ恥ずかしい魔法の掛け方なんだろ。
隠されると逆に興味が湧いてくるよ。

( ・∀・)「さー起きて、今すぐ起きて、さっさと出てって、ほら」

从'- `;リル「お、おい、本当に急だな、ちょ……」

ネ申が急かすようにタクトを振ると、俺の身体はふわりと宙に浮かんだ。
段々と視界が白くなり、独特の浮遊感が全身を包み込んでゆく。
もやに紛れ、掻き消えそうな世界の中心から、ネ申の発する声が小さく響いた。



『なるほど───っ!!!』

『なるほど────っ!!!』



从'。`;リル「……一体、どういった儀式をもって魔法をかけているんだ」

その疑問ごと、俺の意識は白い渦に飲み込まれていったのだった。






            (エピローグ─1)




~~~

十月某日、VIP高校屋上にて。


『ふう。 改めて考えると、なかなか緊張するぜ』

俺は煙草に火をつけ、吸い込んだ煙をふ───っと吐き出す……

……ような仕草をイメージしつつ、フェンスの足場であるコンクリートに片足を落ち着けた。

『……ああ、生まれ変わったんだな、俺は』

見上げた青空に浮かぶのは、あの夢で見たようなうろこ雲。
まだら模様の薄い部分を目指して、渡り鳥が数羽、大きな翼を広げ駆けて行った。

『風が気持ちいいな』

手鏡を取り出し、以前とは違う自分の表情を再度確認する。
頬を撫でると、より一層の自信が湧き、
俺が今後の人生に賭ける、強固な意思を後押ししてくれた。






           ゜+.(`A')゜+.゜


     『ここからが、俺のモテモテ人生の始まりだ』


イケメンに生まれ変わった今の俺には、もはや怖いものなど存在しない。

(`A')「ふう、イケメンの俺を待たせるとは……罪な子猫ちゃんだ」

俺はもう一度、手鏡に向かって最高のスマイルを送ると、
ここに呼び出してくれた彼女の登場を待った。

(`A')「フフフ……手鏡にこんな用途があったとはな」

パンチラを覗き見る道具だと思っていたが、
今やこれは、俺のイケメンっぷりをどこでも再確認するための、
非常に優れたアイテムとなっていた。





(`A')「それにしてもどうだ、このイケっぷり……?
    これでモテモテにならないわけがないな。 素晴らしいぜ」

今後の人生で、俺は一体何人のフラグを立てることになるのだろう?
猛る心を抑えながら、もう一度深呼吸を繰り返す。



   『あの……待った? ごめんなさい』



Σ(;`A')「!!」

不意に、後方から声をかけられた。

一瞬、ビクンとしたのは内緒だ。
うん、のけぞったりしちゃった事には、彼女は気付いてないと信じたい。

今や俺は冴えないニート予備軍ではない。
数々の女性を、その名の通り股にかけるであろう、言わばクールガイなんだ。

だからして。
この程度のこと、日常茶飯事なんだ。
緊張なんてしていないぞ。 ぜ、全然。





『ごめんね……? 突然、呼び出したりして』


(`A') ・・・・・。

(`∀')b「……何言ってるんだよ、別に俺は待ってなんかないぜ?」

バクバクと飛び出しそうな胸の鼓動を抑えつつ、
可愛らしい声の発生源、そちらのほうへと華麗に振り返った。


スピンを利かせたターンの先、淡い微笑みを浮かべた彼女の姿が目に入る。




……いや、彼女『たち』の。











             _
          J(* ゚∀゚)し


     『ドクオ君……、
           私、ドクオ君のことが……』










          川* ^ω^川


     『好き、だお……☆
         こんな感情、初めてなんだお……!』











          ∫λリ* ・ω・`ノノ


     『……ウホッ!
         や り ま せ ん か …… ?』












          (`A') ・・・・・・。



             (゚A゚)


           ( ゚ A ゚ )




         (  ゚  A  ゚  )














           ……どうやら、

      _
   J(* ゚∀゚)し 川* ^ω^川 ∫λリ* ・ω・`ノノ

   『 イケメンが逃げたぞ──!

       追え────ッ、捕まえろ─────!!! 』



 新しくスタートした俺の人生は、覚めない悪夢のはじまりだったみたいだ。








  ~ ('A`)ドクオがモテモテになる夢を見たようです IKEMEN end. ~








 ( ´∀`)おしまい。
 




 →自作品まとめのページに戻る

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/332-80781508

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。