Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/390-8d35ce1d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

( ^ω^)ブーンは麻雀好きなようです 第二戦⑤

 
 ” ( ´∀`)30分でわかる麻雀講座(゚∀゚ ) ”、Beさんと7×さんにまとめていただけたようです。 ほんにありがとうございますだ。

 金曜日の夜には用事があったので、大急ぎで投下し、すぐさまスレから離れたので、投下後のレスについてはさっぱり読めてないのだわよ。
 もしあの後(最後のレスをした後)、乙をくれた人がいたのなら、読んでくれてありがとうモナ( ´∀`) と、この場にてお礼を述べさせてもらう次第でげす。

 (麻雀的な意味での)質問はいつでもウェルカムなので、どーぞお気軽に( ^ω^)
 ちなみにあの二人は、この作品に登場するモナーとジョルジュを想定しつつ書いてます。 なんとも無意味な作品リンク。

 モナモナ。

 
 




 ※ ※ ※

              ~エピローグ~


川 ゚ -゚)「……さて、二戦目といこうか」

(´・ω・`)「望むところだよ、みんな僕の闘志に火をつけてしまったようだね」

( ^ω^)「闘志? 尻に火がついたの間違いじゃないですかお?」

(((#´・ω・`)))「(ピクピク)つ……次はボロクソにしてあげるよ、覚悟してなよブーン君」

('A`)「外の寒々しさとは違って、ここは熱いぜ……熱くて死ぬぜ……」

川 ゚ ー゚)「ふふ………」




( ^ω^)「そうそう、クー」

川 ゚ -゚)「うん?」

( ^ω^)「携帯番号教えてくれないかお?」

(;'A`)「!(んまっ! ブーンったらいけない子!!)」

川 ゚ -゚)「携帯か……」

( ^ω^)「もしフリーにこだわりがないのなら、いつでも僕らのセットに誘うお」

(´・ω・`)「それはいい考えだね(棒読み)」

Σ('A`)(そ、そういう事か。ナイスだブーン)

川 ゚ -゚)「ふーむ……わかった」

(*'A`)(よっしゃあああああああああ!! 後で教えてもらお)←他力本願

川 ゚ -゚)「しかし、一つ問題がある」

(´・ω・`)「問題?」




川 ゚ -゚)「携帯はあるのだが、自分の番号がわからない」

(;^ω^)「そんなに機械音痴なのかお?」

川 ゚ -゚)「いや……普段ママからしかかかってこないもんでな、使い慣れてないんだ」

( ^ω^)「僕の番号教えるからかけてくれお。着信履歴から番号登録できるお」

川 ゚ -゚)「もう一つ問題がある」

(;^ω^)「今度は何かお?」

川 ゚ -゚)「電話の受け方はわかるのだが、かけかたがわからない」

(´・ω・`)「あんた本当に工学部? ていうか人間?」

(;^ω^)「なんか先輩、キャラが変わってますお」




クーの番号を登録したブーン達。ドクオは特に嬉しそうである。

( ^ω^)「暇があったらガンガン誘うお」

('A`)「というか、誘いまくりだと思うよ、うん」

川 ゚ -゚)「そうか。
     まあ、私は今後もフリーはフリーで別に打っていくつもりだし、
     いつも暇というわけじゃないが……」

( ^ω^)「迷惑かお?」

川 ゚ ー゚)「とんでもない。 君たちと打っているのは楽しいからな」

(* ^ω^)「よかったお」




(´・ω・`)「さあ、それでは二回戦を始めようか」

( ^ω^)「把握したお、またショボン先輩を奈落に突き落とすお」

(#´・ω・)(ピキピキ)

(*'∀`)(ああ、クーちゃんの携帯番号……ゲットだぜ……)

カランカラン。
ブーンがサイを振るため卓のボタンに手を伸ばしたと同時に、ドアベルが勢いよく音をあげた。

( ><)「いらっしゃいませなんです!」

(`・ω・´)「いらっしゃいま……ほう、君か。こんばんは」


    「こんばんは。みんないますか?」


Σ( ^ω^)「お? この声は、まさか…」




m9(`・ω・´)「ほら、あっちの卓だよ」

(´・ω・`)「予想外の来客だね」

ξ゚⊿゚)ξ「……ブーン! みんな!」

赤いコートと手袋に身を包んだツンは、ブーン達の姿を見つけるや否や、
ダッシュで隅の卓にやってきた。

Σ('A`)(あれ、なんで下級戦士……ではなく、ツンちゃんがここに?)

( ^ω^)「ツンどうしたお? 今夜はパーティーだったんじゃないかお?」

ξ゚⊿゚)ξ「そうだったんだけど、早めに切り上げてきたのよ!
      ……そちらは?」

( ^ω^)「お。こちらはクーだお。ショボン先輩と同じ学部の人だお」

川 ゚ -゚)「よろしく。今日はたまたまこの卓に入れてもらっている」

ξ゚⊿゚)ξ「そうですか。ブーン達と同じ学部のツンデレです、よろしく」

川 ゚ -゚)「ふむ」





ξ>⊿<)ξ「それにしても、外は超───寒かったわよ、雪まで降り出すしさ───!」

( ^ω^)「そういう話を聞くと、部屋でぬくぬく過ごす素晴らしさを改めて実感するお」

ξ゚⊿゚)ξ「なんかムカつく物言いね、それ」

(;^ω^)「勘繰りすぎだお。他意はございませんですお」

(´・ω・`)「ところで、なんだかいいモノを持ってそうだね。その包みは?」

ξ゚ー゚)ξ「ふふー。知りたい?」

( ^ω^)「いや、そうでもないお」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたにゃ絶対あげない」

( ^ω^)「全面的にすみませんでした」

ξ゚⊿゚)ξ「よし」

川 ゚ -゚)「……ふーむ、嬉しい予感がする」

ツンは口の端に笑みを浮かべながら、手にした包みを紐解いてゆく。

ξ゚⊿゚)ξ「じゃじゃーん! はい、ケーキだよん」

中には大小さまざまなショートケーキが入っていた。





('A`)「これ……俺らに?」

ξ゚⊿゚)ξ「もちろん。いらないなら私一人で食べるわよ」

ξ゚ー゚)ξ「パーティーの余り物だけど、たくさんあったからこっそり、ね」

(´・ω・`)「こっそりにしてはいっぱい持ってきたね」

(;^ω^)「ちゃんと包みがあるところといい、用意周到だお。計画的犯行だお」

ξ゚⊿゚)ξ「うるさいわね、細かいことは気にしない!
      聖夜にまで麻雀してる、寂し~いあんた達のためを思って、
      わざわざ持って来てあげたのよ」

ツンの鋭い一言に、周りの客や店員が一斉に冷や汗を流した。

(;'A`)(声でかいよ、ツンちゃん)

(;^ω^)「外ならともかく、ここでそういう事を言わないでくれお」

川 ゚ -゚)「……なかなかはっきり物を言うな」

ξ゚⊿゚)ξ「気にしない気にしない! さ、どれにするの?」





川 ゚ -゚)「私ももらっていいか? 甘いものには目がない」

ξ゚⊿゚)ξ「もっちろん! 
      ……あ、ブーン、それはダメ! 私が食べるの!」

( ^ω^)「お? もうフォーク刺しちゃったお」

ξ#゚⊿゚)ξ 「くおらあああ!!!」

Σ(;^ω^)「ひえええええ!!!!」

(´・ω・`)「やれやれ、途端に騒がしくなったな……」

(;'A`)(クーちゃんと同じ奴を食べよう)

川*´ -`)「もぐもぐ……(これはうまいだろう……常識的に考えて……)」





ξ゚⊿゚)ξ「そうそう、せっかくだから私も打つわよ! ほらブーンさっさとどいて!」

(;^ω^)「ひ、ひどいお! 僕はトップだったから抜けたくないお」

ξ゚⊿゚)ξ「トップ取ったんならいいじゃない!」

( ^ω^)「ゲーセンの麻雀ゲームなら、一位でもう1ゲームサービスだお」

ξ゚⊿゚)ξ「知るか! 人生はコンティニューなんて利かないんだからね!!」

(;^ω^)「言ってることがよくわからないけど、肝に銘じておくお」

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと、早くどいてってば! ケーキ返してもらうわよ!」

( っ^ω^)「もう別の形になっちゃったけど、返して欲しければ返すお」

ヽξ#゚⊿゚)ξノ┌┛Σ「汚いわね! 氏ねピザ!(ドガッ)」

Σ(#);ω;)ノノ 「あうっ」




ξ゚⊿゚)ξ「そうそう、そうやって最初から素直に席を譲ればいいのよ」

(#);ω;)「ひどいお、聖夜にこの仕打ちはひどすぎるお」

川*゚ -、゚)(生クリームのほのかな甘みが……口の中で奏でるハーモニー……)

Σ(*'A`)(おお、唇にクリームがついとる! なんかエロスで得した気分)

(´・ω・`)(……ごめんよ、兄貴……うるさくて……)

ξ゚⊿゚)ξ「では、始めましょうか! よろしくお願いしまーす♪」

(;^ω^)「なんで今きたばっかのツンが仕切ってるんだお」

ξ+゚ー゚)ξ「文句ありますか?」

Σ( ;ω;)「いや、文句なんてそんな……アッー!!!」

川 ゚ -゚)「もぐもぐもぐもぐ(←まだ食べてる)」


こうして、バーボンハウスでの夜は更けていくのであった。
騒がしい奴らも、物静かな連中も、共にメリークリスマス。





一方、彼らの様子をカウンターで見ていたメンバーたち。

(;><)「て、店内は食べ物の持込みはお断りさせていただいてるんです……」

(;`・ω・´)「まあまあ、今日は許してあげようじゃないか。ケーキくらいならね……」

ξ゚⊿゚)ξ「ちなみに、ローストチキンももらってきちゃったのよー! 食べる?」

( ^ω^)ノ 「もう既にいただいてるお!」

ξ#゚⊿゚)ξ「こら、何勝手に人の荷物開けてんのよ、このピザー!」

Σ(;><)Σ(;`・ω・´)「ちょっ」

(;´・ω・`)「いいから早く牌を切ってくれよ……」



 【 第二戦:おしまい。 】

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/390-8d35ce1d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。