Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/430-f004b97f

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1733]

ホラーの傑作といえば( ^ω^)違和感のようです がお勧め。鋼鉄処女の人なのよね、コレ。
星空海風は投下量といい中身といいすごかったなぁ。「携帯小説っぽい」とか言われたりもしたけど、間違いなく良作
  • 2008-12-11 14:08
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1734]

うーん、良いね
おっちゃんのお陰で良作を知れたよ
  • 2008-12-11 14:22
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1735]

読みやすくて良いな。
でも恋愛物って苦手だぜ……俺には書けん。
何か歯痒いんだよな……
  • 2008-12-11 21:47
  • VIPPERな名無しさん
  • URL
  • 編集

[C1736]

>※1733
 あー、確かに違和感は傑作だ。  鋼鉄処女の人だったんだ?
 知人の狂気に気付いてしまってから、段々と迫り来るその時……
 めっさドキドキさせられたよなあ。

 携帯小説というより、エロゲ的な感じがした俺はもうダメかも知れんw
 とはいえ、ここで言うエロゲ的ってのは決して悪い意味ではなく、
 内容といい適度なボリュームといい、一つのシナリオとして成り立つくらいに完成度が高いという意味でね。


>※1734
 そう言ってもらえると紹介した甲斐があったよ( ^ω^)
 感想人冥利に尽きる、とても嬉しいお言葉ですじゃ。 画面の前でニヤニヤしてしまったぜw

 同作者さんの「('A`)ドクオは故郷に帰るようです」は知ってる?
 この一つ前に書かれた作品だったと記憶してるんだけど、こちらもすごーくお薦め。
 ttp://vipmain.sakura.ne.jp/end/306-top.html
 (↑リンク貼れない設定にしてるんで、コピペして飛ぶ、
   もしくはオムさんのトップページ → 完結した作品50音別 → かきくけこ で行ける筈)

 もし読んだ事なければ、この作品にも触れてみてはどうでしょうかね?

 ※ ウチでまとめさせてもらってる「('A`)ドクオが帰郷するようです」とタイトル似てるけど、
   全く別の作品なので注意w


>※1735
 歯痒いのよ~ そのクチビル~  ……なんだかたらこ憎悪の歌みたいだ。
 恋愛=リア充氏ねの図式でござるな! 拙者もその気持ちわかるでござるよ1735氏!
 ……ってそういうのとは違うかw

 まあ、合う合わないはあるかも知れないねw
 ドクオも不細工設定だけどキモさは微塵もなく、むしろカッコいいしなあ。

 甘々ちゅっちゅな部分より、四人がそれぞれに思い悩むシーンや、
 心の機微に注目して読むと、すごく感情移入できるのですわ。
 
  • 2008-12-12 02:05
  • 中の奴@鋼鉄処女の作者……しょ、処女の人!?
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【感想】ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです

 
ドクオが横にそむけていた顔を正面に戻しツンの顔を見上げると、ツンは海の方角を見ていた。

ξ゚⊿゚)ξ「ねぇ、ドクオ見て」

('A`)「……」

二人の眼前には、夕日を受けてキラキラと輝く海がどこまでも広がり、
その海上をウミネコの群れが飛び、どこか非現実的な光景を演出していた。

ξ^ー^)ξ「……凄く、綺麗だね」

いつの間にかドクオの首から手を離したツンは、笑顔で食い入るように海を眺めていた。

('A`)「……ああ」

ドクオは曖昧な返事を返すのが精一杯だった。
それほど、ドクオは見入っていた。

ツンが笑顔で「……凄く、綺麗だね」と言った、凄く綺麗な景色ではなく……










「……凄く、綺麗だね」と笑顔で言ったツンの、本当に綺麗な横顔に。


                                               (本文中より一部抜粋)


■ξ゚⊿゚)ξツンと星空と海風のようです
  http://vipmain.sakura.ne.jp/end/431-top.html (リンク先:オムライスさん)

              作者: ◆DyhKUHe1jM  ジャンル: 現代・恋愛
 
 
【紹介・あらすじ】-----


 桜の花びら舞う頃。
 幼馴染みで仲良しだった三人の関係は、
 一人の女の子が仲間に加わったことをきっかけとして、少しづつ変容を遂げていった。

 緩やかに流れる季節の中、彼らの想いはすれ違い揺れる。
 親の離婚、受験、伝えられないもどかしい気持ち。

 ともすれば押し潰されそうになりつつも、
 噛みあわない歯車に対して、時には助け合い、時には傷つけ合いながら、
 彼らは必死に答えを手繰り寄せてゆく。
 
 満天の星空のもと、波飛沫のはじける音をBGMに──。
 思い出の場所は、もう一人の女の子にとって、始まりの場所となった。


【感想】---------


※ 今回は微妙にネタバレを含みます。 以下は作品を読み終えたあとで読まれることをお薦めします。


 とにかく面白かったです。 居ても立ってもいられない、読み終えたあとのこの感動を一刻も早く伝えたい、そう思わせられた末の更新。
 読んでいる最中、何度も涙腺が緩みました。 情景の美しさといい、登場人物の心情の揺れ動きといい、描かれた世界のどこを切り取っても絵になるような、ずっと浸っていたいくらい素敵な作品です。

 とても爽やかで、もどかしくて、切なくて、温かい気持ちにさせてくれる、ピュアなラブストーリー。
 それは言ってみれば王道ではあるのだけれども、その「王道」をこれだけ魅力的に描ききるのは至難の業です。 雑多な要素を包括し、それらが非常に高い基準でまとめられているというか……。
 ちょっと長めの作品ですが、読み進めることがまったく苦になりません。

 妙に捻って空回りしたり、突飛な発想を軸にした作品は数多くあります。
 ブーン系という土壌は、斜に構えた、所謂”実験作”にも寛容なコミュニティですが、日夜投下される短編作品の数々において、真っ向からのストレートでこれだけ高評価を得ることが出来るのは、とりもなおさずこの作品が、余念なく、妥協なく作り込まれたものだと窺わせる、クオリティに満ちた作品だからです。

 ラブロマンス(ラブコメ?)・青春ストーリーというジャンルの中で、一つの基準となるべき作品なのではないでしょうか。

 (ちなみに、私が考える、ブーン系におけるホラーの「王道」であり傑作は、花束さんに収録されている” ( ^ω^)美味しいお肉の勧め! ”ですが、あなたはどう思われるでしょうか。
  この例えで、私の言う「レベルの高い王道作品」という言葉のニュアンスが伝わるとよいのですが……)


 ※ ※ ※


 恋愛(と、金銭問題w)は人間関係に亀裂を生じさせる一つの大きな要因です。
 四者四様の恋愛感情が絡み合いながら、本作品は展開してゆきます。
 現実だと心のどこかにしこりが残ったり、泥沼に陥ってしまうようなケースではありますが、そこはフィクションの為せる業というかw、四人は互いに分裂することなく、絆を深め合ってゆくのです。

 登場人物の四人はそれぞれに魅力的ですし、ステレオタイプではありますが、ある意味一つの理想像とも言えます。
 ドジでバカなムードメーカーのブーン、突っ込み役のドクオ、お人よしのしぃ。
 しかし、彼らに共通する特徴として、その根底には優しさが溢れています。
 互いが互いを思うあまりに葛藤を重ね、時には衝突し──。
 しかし、これらの悩みが重苦しい澱みに沈みこむことなく、四人は彼らにとって最善と思われる居場所を模索してゆきます。

 この中では、ツンがもっとも、等身大?な女の子なのではと思います。
 失恋を契機として、自分の気持ちと向き合い、一旦そこから離れることを決断する。
 彼女に絶望をもたらしたものは、四人の関係性の変遷によるものですが、彼女にとっての支えであり、拠り所であり、最後に必ず戻ってくる「故郷」もまた、この四人のもとなのです。


 ツンを中心とした、四人の成長物語。
 言ってみればこれも悪人がいないタイプのストーリーではありますが、登場する四人のうち、どれか一人は共感できる人物に出会えるのではないでしょうか。
 
 誰もが一度は経験したことのあるような、人によっては現在進行形で味わっているような、恋愛のもどかしさ、そこに挟まれる葛藤、胸の内から湧き出る純粋さ。



 最後のページをめくったとき、あなたの表情が綻び、優しい気持ちに包まれていることを願いつつ。

 



 
 →短編まとめ・感想インデックスページへ戻る

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/430-f004b97f

0件のトラックバック

4件のコメント

[C1733]

ホラーの傑作といえば( ^ω^)違和感のようです がお勧め。鋼鉄処女の人なのよね、コレ。
星空海風は投下量といい中身といいすごかったなぁ。「携帯小説っぽい」とか言われたりもしたけど、間違いなく良作
  • 2008-12-11 14:08
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1734]

うーん、良いね
おっちゃんのお陰で良作を知れたよ
  • 2008-12-11 14:22
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1735]

読みやすくて良いな。
でも恋愛物って苦手だぜ……俺には書けん。
何か歯痒いんだよな……
  • 2008-12-11 21:47
  • VIPPERな名無しさん
  • URL
  • 編集

[C1736]

>※1733
 あー、確かに違和感は傑作だ。  鋼鉄処女の人だったんだ?
 知人の狂気に気付いてしまってから、段々と迫り来るその時……
 めっさドキドキさせられたよなあ。

 携帯小説というより、エロゲ的な感じがした俺はもうダメかも知れんw
 とはいえ、ここで言うエロゲ的ってのは決して悪い意味ではなく、
 内容といい適度なボリュームといい、一つのシナリオとして成り立つくらいに完成度が高いという意味でね。


>※1734
 そう言ってもらえると紹介した甲斐があったよ( ^ω^)
 感想人冥利に尽きる、とても嬉しいお言葉ですじゃ。 画面の前でニヤニヤしてしまったぜw

 同作者さんの「('A`)ドクオは故郷に帰るようです」は知ってる?
 この一つ前に書かれた作品だったと記憶してるんだけど、こちらもすごーくお薦め。
 ttp://vipmain.sakura.ne.jp/end/306-top.html
 (↑リンク貼れない設定にしてるんで、コピペして飛ぶ、
   もしくはオムさんのトップページ → 完結した作品50音別 → かきくけこ で行ける筈)

 もし読んだ事なければ、この作品にも触れてみてはどうでしょうかね?

 ※ ウチでまとめさせてもらってる「('A`)ドクオが帰郷するようです」とタイトル似てるけど、
   全く別の作品なので注意w


>※1735
 歯痒いのよ~ そのクチビル~  ……なんだかたらこ憎悪の歌みたいだ。
 恋愛=リア充氏ねの図式でござるな! 拙者もその気持ちわかるでござるよ1735氏!
 ……ってそういうのとは違うかw

 まあ、合う合わないはあるかも知れないねw
 ドクオも不細工設定だけどキモさは微塵もなく、むしろカッコいいしなあ。

 甘々ちゅっちゅな部分より、四人がそれぞれに思い悩むシーンや、
 心の機微に注目して読むと、すごく感情移入できるのですわ。
 
  • 2008-12-12 02:05
  • 中の奴@鋼鉄処女の作者……しょ、処女の人!?
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。