Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/432-d4fa0fed

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1742]

会話文だけの作品って難しいよな。
厨二バトルしか書けないぜ……
  • 2008-12-13 16:45
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1743]

>※1742
 まあ、地の文を使わずに状況説明しなきゃならんわけだけど、実際なんとかなるもんです。
 テンポを損なわないようにするため頭を捻ります。
 というか、むしろそっちのほうがええやないか!
 バトル書ける人はマジ尊敬ですよ。 ダシ取ったあとのにぼしあげるね。

 ゆる~い厨二バトルを書きたいのだけれども、
 設定を記したプロットばかりが溜まる一方で、最初の一行すら書けない始末。
 にんにん。
  • 2008-12-14 05:35
  • 中の奴@ ⊂三('、`*川 シュッ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【自作品】( ゚∀゚)一レス劇場 「ジョルジュ君」 (in オトナ合作 ver.) ①

 
【紹介】--------


 当Blog開設以前、過疎に悩まされていたオトナ合作したらばにて連載していたアレ。
 『 一日一お題消化 』 を自己の目標に掲げ、のんびり自堕落退廃的に継続。
 場所柄か、ちょっとえっちなお題が多め。 中身は全然エロくない。
 でも、ほんの少しだけ閲覧注意……か?

 ※前作 『 一レス劇場 ジョルジュ君 』 は総合短編です。
  ナギ戦記さんにてまとめていただいております。 ありがたや。
  http://nagixnagi.blog38.fc2.com/blog-entry-190.html
  http://nagixnagi.blog38.fc2.com/?mode=m&no=190 (携帯用URL)
 
 
※ 無駄に登場人物紹介

 ( ゚∀゚) ジョルジュ君
 ジョルジュ君。 説明するまでもなくジョルジュ君。 永遠の突っ込み役で眉の無いのが今風。 

 J( 'ー`)し カーチャン
 母。 エロ本を勝手に燃やしたり、飲み物と偽ってめんつゆを出す人。

 ( ・∀・) モララー
 友達その1。 行動、言動ともに不可解。 足が非常に臭い(裏設定)。

 ('、`*川 ペニサス
 友達その2。 これといった特徴がないのが特徴。 ビバ没個性。

 从 ゚∀从 高岡ハイン
 ジョルジュ君のいとこ。 フラグが立ちそうで立たない。

 ( ^ω^)('A`) 川 ゚ -゚)( ´_ゝ`)ξ゚⊿゚)ξ(´・ω・`)从'ー'从 その他の人たち
 所詮は他人。 合言葉は一期一会。


 もらったお題一覧
 オトナ合作 sm HR HP 触手 野球拳 ショタ おなにぃ 百合
 魔術師 ねこ ( ゚∀゚)×从 ゚∀从 エロい能力バトル 何らかの大会
 エロ 百番勝負 前立腺オナニー オトナ ('、`*川の憂鬱 かにかま!
 でもそんなの関係ねえ! 病気の妹




 ※


【オトナ合作】


( ゚∀゚)「俺はやるぜ! えっちな作品で読者を悶えさせてやる!」

( ^ω^)「じゃあ僕はウェブデザイナー!」

('A`) 「俺は自宅警備員!」

( ^ω^)「それは夢じゃなくて現実だお!」

('A`) 「アチャー気付かなかった」

(; ゚∀゚)「うるさいよ。 ところで、お前らはどのくらいえっちな経験あるの?」

( ^ω^)「……」

('A`)「……」

( ゚∀゚)「……女の子と付き合ったことは?」

(|||^ω^)「……」

(|||'A`) 「……」

(; ゚∀゚) (本当にエロ書けるの?)





 ※

【sm】


( ゚∀゚)「SMも特殊な性癖だよな、虐げて喜び責められて悶える、という」

从'ー'从 「実は私はSだよ~」

('、`*川 「そして私はMなの」

(; ゚∀゚)「おお、需要と供給がここで合致」

从'ー'从 「そういうわけで、いっくよ~」ビシッビシッ

Σ('、`*川 「うっ、ううっ」

(;、;*川 「……痛いよう、やっぱり無理」

(; ゚∀゚)「早くも化けの皮が剥がれたな」

从'ー'从 「うっ、ううっ……」

从;ー;从 「……痛そう、かわいそうだよ~」ビシッビシッビシッ

Σ(;、;*川 「いだっいたっいてっいたたっ!」

从;ー;从 「ごめんね、ごめんね、ごめんねごめんね」ビシッビシッビシッビシッ

(; ゚∀゚)「こちらは生粋のSだ」





 ※

【HR】


(*゚ー゚)「じゃあジョルジュ君、安静にしててね。次の回診は午後よ」

(* ゚∀゚)「は、ハイ」 ガチャッ

(; ゚∀゚)「イテテ……俺としたことが、食中毒なんかで入院する羽目に……」

(´・ω・`)「……」ワーワー!

( ゚∀゚)「隣のベッドの男の子、野球中継を穴が空くほど凝視してる」

( ゚∀゚)「お気に入りの選手でも出てるのかな?」

(´・ω・`)「……お兄ちゃん、絶対打ってね!」


~~~


(‘_L’)(あの子が手術を受ける代わりに、私はホームランを打つ。そう約束した)


 さーて九回裏! 二死満塁の瀬戸際!
 ピッチャー大きく振りかぶって……投げたー!


(#‘_L’)「おおおおおおおっ!!」

 カッキーン! 打ったー!


( ゚∀゚)´・ω・`)「!!」


 これは大きい、打球がぐんぐん伸びる!


(; ゚∀゚);´・ω・`) ドキドキ

(#‘_L’)「ぬああああああっ!!」


 入るか、入ってしまうのかー!


( ´∀`) 「キャッチだ、とうっ」 スポッ


 アウトー! ゲームセット!


Σ(#‘_L’) ガビーン

( ゚_L゚ ) ポカーン


~ ~ ~


(; ゚∀゚)「あちゃー、惜しかったなあ」

(;´・ω・`)「う……うう……」

( ゚∀゚)「ん?」

(´゚ω゚`)「うわああああああああああ!!」

(; ゚∀゚)「!!!ちょ、君……」

Σ(゚ω゚`(,,   )=3 ブッ

(´゚ω゚`)「あ……」

(´;ω;`)「やったよお兄ちゃん! 僕はもう大丈夫!!」

( ゚∀゚)「ただの盲腸かよ……」





 ※

【HP】


( ゚∀゚)「そう言えば、お前こないだホームページ作ったって言ってたよな」

( ^ω^)「お? そうだおwww 正確にはブログだけどおwww」

( ゚∀゚)「アドレス教えてくれよー。 俺のページとリンクしようぜ!」

(; ^ω^)「お? いいけど、僕はネット人格使ってるから恥ずかしいお」

( ゚∀゚)「いいじゃんいいじゃん。 誰でもネットとリアルでは違うって」

(* ^ω^)「そうかお。じゃあ、URL教えるお。 ttp~」


~ ~ ~


( ゚∀゚)「ただいま。 さーて、早速ブーンのブログを読むか」

( ゚∀゚)「ネット人格ねえ……」


 ぶーんのお部屋だお☆
 お~o(⌒0⌒)oいす~♪ハジメマシテ~~~ッ☆☆(*⌒ヮ⌒*)
 僕は高校生してるのぉ~~~っ♪(#⌒〇⌒#)キャハ
 よろしくだおー☆彡(ノ^^)ノ☆彡ヘ(^^ヘ)☆彡(ノ^^)ノ☆彡


( ゚∀゚)「初心者だし、どうせこんな感じだろwwwwww」


 ウィーン、カタカタ

 パッ


( ゚∀゚)「よし、ここだな」

( ゚∀゚)「なになに……ブーンのブログ……『呪呪怨恨』?」

(; ゚∀゚)「なんだこりゃ。 日記を読んでみるか」


 8月7日
 開設したお。
 ここでは僕の日常における、恨みと後悔について書き綴っていくことにするお。


(; ゚∀゚)「う……恨みと後悔?」


 8月8日
 授業中に寝ていたら、モナー先生に頭をはたかれたお。
 脳細胞が2千個は死んだお。どうしてくれるお。どうしてくれるお。
 返せお。耳を揃えて返せお。ビタ一文負けられないお。


(; ゚∀゚)「うわあ……なんて神経質なやつ……」


 8月9日
 先生の靴に画鋲を仕掛けたお。ただの画鋲じゃないお。犬のウンコに刺したやつだお。
 これでウンコを踏んだも同然だお。ざまみろだお。エンガチョだおwww


(; ゚∀゚)「ひええ……陰湿な告白だな……」


 8月10日
 周りの奴に見られている気がするお。ぼくを嘲笑っている気がするお。
 お前ら見るなお。 呪うお。 絶対呪うお。 呪う 呪


(; ゚∀゚)「ネット人格……どころか、こっちが素顔なんじゃないか?」


 8月11日
 体中に蟲が這いずってるお。気持ち悪いお。掻き毟ったお。取れないお。
 痛いお。気持ち悪いお。 気持ちわ が   げ @:


(|||゚∀゚)「……」


 8月12日
 あああああああがががぎいぎぎぎぎぎぎぎlp;@「¥
 死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪死呪


(||| ∀ ) (もうやめて……俺のHPはとっくに0よ……)





 ※


【触手】


ξ*;⊿;)ξ「やーん、助けてぇ!」

(* ゚∀゚)「ふっひっひ。 だめだめ逃がさないぞ~」

( ゚∀゚)「出でよ! 俺の誠実なるしもべ、飢えた異形の触手たちよ~」


 ┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨


( ^ω^) ドドーン
 │  │

('A`) ババーン
││

(´・ω・`) ジャジャーン
 │  │

ξ*;⊿;)ξ「な、なにこれー!?」

( ゚∀゚)「ふっふっふ、泣く子も黙る触手ブラザーズだ」

(* ゚∀゚)「お前たち! やっておしまいなさい!」


 ( ^ω^) ('A`) (´・ω・`)


( ^ω^)「どーもー。 触手Aですおー」

('A`) 「触手Bで~す」

(´・ω・`)「ダルビッシュです。今宵もサエコとヨガブラスト」

(; ゚∀゚)「掴みからムカつくなー。 って、お前ら言う事聞けよ」

( ^ω^)「ところで、長いものには巻かれろって言葉ありますよねー」

('A`) 「よく聞くことわざですねー」

(*´・ω・`)「そこで落とすのかよ!」

(; ゚∀゚)「落ちてねえだろ。 いいから女の子襲えって」


 ( ^ω^)('A`) (´・ω・`)「触手・ショートコント!」


( ^ω^)『長いもの』

( ^ω^)「てってって~。 お代官さま、黄金色のお菓子どうぞ」

(´・ω・`)「ほほう、苦しゅうないぞ大黒屋」

( ^ω^)「長いものには巻かれろ、ですお」

(´・ω・`)「むふふ。夜はちょっと違うけどね」

('A`) 「あーれー、およしになってー」

(*´・ω・`)「よいではないか、よいではないか」

( ^ω^)「ほどいてますやん! 長いのほどいてますやん!」

(; ゚∀゚) ξ;゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)('A`)(´・ω・`)「……」

(; ゚∀゚) ξ;゚⊿゚)ξ「……」

( ^ω^)('A`)(´・ω・`)「……」


(´・ω・`)「触手の世界で一番偉いのは」

( ^ω^)('A`)「!」

(´・ω・`)「この……」

( ^ω^)('A`) 「……」

(´・ω・`)

( ^ω^)('A`) 「………」

(´・ω・`)

( ^ω^)('A`) 「…………」

(´-ω-`) ZZZ...

(; ^ω^)(;'A`) (;゚∀゚) 「言えや!!!!」


('A`) 「そんなわけで、僕らの出番ここまでみたいですー」

( ^ω^)「どもー、ありがとうございまし」

(#´・ω・`)「ダルシム様さ!!!」

(; ^ω^)「わかったっちゅうねん。ほら行くで触手C」

(´・ω・`)「あーれー」


(* ゚∀゚)「よーし御苦労。 次も頼むぞ、MY触手たち」

( ゚∀゚)「……」

( ゚∀゚)「あれ? 女の子いない」





 ※

【野球拳】


川*゚ -゚)「や~きゅ~ぅ、するな~ら」

(* ゚∀゚)「こ~いう具合にしなしゃんせ……ってな」

川 ゚ -゚)「アウト!」

( ゚∀゚)「セーフ!」

川 ゚ -゚)「アウト!」

(; ゚∀゚)「それじゃ進まないだろ。 よよいの……」

( ´∀`) 「ピコーン! 何を使いますか?」

( ゚∀゚)「じゃあ、牌塗り替え……って、脱衣麻雀かよ」

( ´∀`)「ぶー! 30カーチャン足りません」

(; ゚∀゚)「いやな通貨単位だな」

川 ゚ -゚)「ツモ! テンホー32000点!」

(; ゚∀゚)「いいからジャンケンしろっての」

川 ゚ -゚)「ジャカジャカジャンケン、いっくよー!」

(; ゚∀゚)「もうどうでもいいや……」

川 ゚ -゚)「ジャカジャカ(ry じゃんけんぽい!」

( ゚∀゚)「ぐ、グーだ!!」

川 ゚ -゚)「チョキ!! エリミネイトチョキ!」

(; ゚∀゚)「どんな必殺技だよ」

川 ゚ -゚)「全ての属性を無効化する、魔性のオーラ・チョキ!」

(; ゚∀゚)「うるさいって。 負けは負けだろうが」

(* ´∀`)「いやーん」

(; ゚∀゚)「お前が脱ぐんかい!」





 ※

【ショタ】


( ゚∀゚)「うーっす、遊びに来たぞー」

( ・∀・) 「おうジョルジュか。 まああがってくれ」

( ゚∀゚)「久々に来たな。 お邪魔しまーす」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~ 「……いらっしゃい」

( ・∀・) 「紹介するぜ。ウチのトーチャン」

( ゚∀゚)「あ、どうもこんにちは」

ζ(゚ー゚*ζ 「ジョルジュおにいちゃん! はじめまして♪」

( ・∀・) 「そしてこっちが、妹のデレだ」

(; ゚∀゚)「い、妹だって!? 初耳だぞ!?」

ζ(゚ー゚*ζ 「よろしくね、おにーちゃん♪」

(* ゚∀゚)「か、可愛いなー。 はじめまして」

( ・∀・) 「BUTだがしかしなんと!」

(* ゚∀゚)「?」

( ・∀・) 「聞いて驚くな! この子、実は巫女さん修行中!」

ζ(゚ー゚*ζ 「悪霊退散♪ 悪霊退散♪」

(; ゚∀゚)「何っ!? 下から袴のコスチュームが!」

( ・∀・) 「それだけじゃないぞ!」

( ・∀・) 「さらに驚き! この子、実は駆け出し魔法少女!」

ζ(゚ー゚*ζ 「ずっぽしどぶろくたゆんたゆん~☆」

(; ゚∀゚)「ンまあ! タイルの汚れがグングン落ちる!」

( ・∀・) 「驚くのは早い!」

( ・∀・) 「なんとびっくり! 実はこいつ俺の弟!」

ζ(゚ー゚*ζ 「やーんぼく恥ずかしい」

(; ゚∀゚)「ぎょええ! 一部マニアが総立ち(性的な意味で)!!」

(; ・∀・) 「ラストは驚愕の事実!」

(; ゚∀゚) 「…………!」
 _、_
( ,_ノ` )y━・~「私が本物の妹です」
  _
( ゚∀゚) 「……それは無しだな」





 ※

【おなにぃ】


(; ゚∀゚)「うーん、なんだかマンネリだなあ」

( ゚∀゚)「倦怠期かしら……アタイの右手(ダーリン)……」

( ´_ゝ`) 「お前か、グッドオナニストを目指す戦士とやらは」

( ゚∀゚)「言ってないよ。 つーか誰だアンタ」

( ´_ゝ`) 「国籍不詳のオナニスト兄弟……シコルスキーと」

(´<_` ) 「マラノフ」

(; ゚∀゚) (ロシア人じゃないの?)

( ´_ゝ`) 「……ってのは冗談だ。 謎のオナニスト、流石兄者とだけ言っておこう」

( ´_ゝ`) 「30歳、無職、乙女座O型、趣味はパンの止め具集め。
       高校から書き始めたポエムは30巻を突破。 夜泣きする癖があります」

( ´_ゝ`) 「そんなわけで、以後宜しく」

(; ゚∀゚)「謎要素皆無じゃねーか。 仕事しろよ」

(´<_` ) 「ちなみに俺は本当にマラノフだ。 好物はボルシチ」

( ゚∀゚)「君は出生疑おうよ」

( ´_ゝ`) 「能書きはいい。 早速おなにぃ講釈をはじめるぞ」

(´<_` ) 「まずはオカズ探しから。 エロサイトを巡ります」

( ´_ゝ`) 「OK、ブだクらく……ゲット」

(; ゚∀゚)「お約束じゃん。 噛むなよ」

(´<_` ) 「次に、カップ麺の蓋を開けます。できるだけセクシーに」

( ゚∀゚)「なしてカップ麺? 突っ込むの?」

( ´_ゝ`) 「バカもん、いきなりそんなプレイはしない」

( ゚∀゚)「で、ですよねー」

(´<_` ) 「むさぼり食うのだ! 腹が減っては戦はできぬ!」

(; ゚∀゚)「そんな必要あるの?」

( ´_ゝ`) 「ちなみにそれ、俺がおととい使った残りな」

(; ゚∀゚) (´<_` ;) 「食えるかそんなもん! 捨てろよ!」

( ´_ゝ`) 「しょうがないな……では、ここで新しいカップ麺を用意」

( ´_ゝ`) 「お湯を入れて三分……しかし、ここで注意すべき点がある」

(; ゚∀゚)「待つだけじゃん、何に注意するんだよ」

( ´_ゝ`) 「そんな事もわからんのか!?」

(゚<_゚  ) 「ほの暗いカップの底から!」

(; ゚∀゚)「そういう映画あったよな」

(  ゚_ゝ゚) 「浮かび上がるは! かやくの袋!」

(; ゚∀゚)「あーね。 入れ忘れね」

( ´_ゝ`) 「あなたー、三分たったわよ」

(´<_` ) 「おうありがてえ、いいにおいがぷんぷんしやがる」

( ´_ゝ`) 「ご飯にします? お風呂にします? それともポチョムキン?」

Σ(゚<_゚ ;) 「なにこれ、シャッキリポンと口の中で踊るわ!」

(; ゚∀゚)「全然わかんねえよ。 いいからはよ食え」

(´<_` ) 「むしゃむしゃ。うーん。デリシャス」

( ´_ゝ`) 「腹ごしらえが済んだら、いよいよ実践編だ」

( ゚∀゚)「実践編ねえ……」

( ´_ゝ`) 「ちなみにアイテムの使用は自由だ」

(´<_` ) 「ローション、ゴム、オナホ、バールのようなもの」

(; ゚∀゚)「何をこじ開けるつもりだ」

( ´_ゝ`) 「それが用意できれば、あとは簡単だ!」

(´<_` ;) 「思いのまま! 欲望をぶつけなはれ!」

( ´_ゝ`) 「せーの!」

(; ゚_ゝ゚) 「おかず観る! しごく! 妄想! しごく!」

(; ゚_ゝ゚) 「ちょっと休む! しごく! えび反り! しごく!」

Σ( ´_ゝ`) 「お……!」

(  ゚_ゝ゚) 「メロ──イエロ────ッ!!!」

(; ゚∀゚)「……」

(´<_` ;) 「……」

(  ゚_ゝ゚) 「………」

( ´_ゝ`) 「………」

( ´_ゝ`) =3 フッ

(; ゚_ゝ゚) 「ティッシュ包む! オカズ消す!」

(; ゚∀゚)「すげえ、ここまでわずか一分」

(; ´_ゝ`) 「しまった! あのフォルダ保存しとけばよかった!」

(; ゚∀゚)「後悔するのも早いのね」

( ´_ゝ`) 「以上だ。 もうお前に教えることはない」

(´<_` ) 「おなにぃマスターへの道は険しいぞ」

( ゚∀゚)「わかったようなわからないような……」

(  //ゝ`) 「頑張って、一つ上野おとこになれよ」

( ゚∀゚)「かぶり方間違ってるぞ」





 ※

【百合】


( ^ω^)「ひゃく……あい……?」

(; ゚∀゚)「初っ端からゆとり全開だな。 レズのことだよ」

(* ・∀・) 「やっぱ、女の子同士の絡みっていいよなー」

( ゚∀゚)「ああ。 しかし女性キャラがいないとなんとも……」

( ・∀・) 「暗いと不平を言うよりも」

( ^ω^)「進んで明かりを点けませう」

( ゚∀゚)「はあ。 で、どうするわけ?」

( ・∀・) 「簡単だ。女の子がいないのなら、俺たちが」

( ^ω^)「女装すればいいんだお!」

(; ゚∀゚)「お……お前ら本気かよ」

( ^ω^)「あたぼうだお! 本気と書いて……」

(; ^ω^)「ま……ま……?」

(; ゚∀゚)「読めないなら言うなよ。 今日はこればっかりだな」


( ・∀・) 「じゃあ、俺からいくぜ! 秘められた女装力を生かすときがきた!」


  ゜・.( ・∀・) → l从・∀・ノ!リ人 ゜+.゜ ジャジャーン


l从・∀・ノ!リ人 「どうじゃ? ちゃんとアレを股に挟んでるのじゃ」

(; ゚∀゚) 「見えないとこで無駄な努力を……。 口調も変わってるし」

l从・∀・ノ!リ人 「実益を兼ねた趣味ってやつじゃ」

( ゚∀゚) 「いや、常習犯なのかよ」


  ゜・.( ゚∀゚) → 从 ゚∀从゜+.゜ ババーン


l从・∀・ノ!リ人 「なにそれ、ヅラ被っただけなのじゃ」

从;゚∀从 「身も蓋もないこと言うなよ。 おっぱいだって入れたのに」


  ゜・.( ^ω^) → ( ^^ω)゜+.゜ ズズーン


( ^^ω) 「WOW! フジヤマがウタマロデース!」

l从・∀・;ノ!リ人「ダウト」

从;゚∀从 「なんでカタコトになってるねん」

( ^^ω) 「ホマ? 僕は言われた通りにしたホマ」

l从・∀・;ノ!リ人 「百合だぞ百合。 ゆり←これ読めるの?」

( ^^ω) 「ホマ? そんなの簡単ホマ」

( ^^ω) 「『ゆ』と『り』ホマ」

l从・∀・ノ!リ人 「その通り、お前はゆとりだ」

( ^^ω) 「……」

( ^^ω)ニヤリ

从;゚∀从 「何だその勝ち誇ったような笑みは」

l从・∀・ノ!リ人 「いいからやるぞ。 ホラ、ドキドキの絡み合いな」

从;゚∀从 「ほ……本当にやるのかよ」

( ^^ω)

(#^^ω) 「な、なんじゃてめ──!」

l从・∀・#ノ!リ人 「やんのかコラ──!」

(#^^ω) 「貴様何メンチ切っとんじゃーい!」

l从・∀・#ノ!リ人 「上等だ──! 表出ろボケ──!」

从;゚∀从 「それは 絡み違い です」

l从・∀・ノ!リ人 「案ずるな。 ハイ、ここで濃厚なベッドシーン」

( ^^ω) 「ホマ……ここは? 私いつの間に」

l从・∀・ノ!リ人 「フフフ、気が付いたみたいね」

( ^^ω) 「先生、一体わたしは……体が動かない……」

l从・∀・ノ!リ人 「薬が効いてきたみたいね。 さあ、見せてもらうわよ」

(* ^^ω) 「あん……先生、だめえ」

l从・∀・*ノ!リ人 「ウフフ、ほらもうホマホマちゃんったら……」

l从・∀・ノ!リ人 「肋骨二本、腕の骨を折る重症よ」

( ^^ω) 「先生のパンチ……すっごく効いたわ☆」

l从・∀・ノ!リ人 「ホマちゃんこそ、根性座ってたわよ♪」

从;゚∀从 「って、さっきの続きかい」

l从・∀・#ノ!リ人 「さあ……今度は貴方の番よ……(ギリッ)」

(#^^ω) 「”不運”と ”踊”っちまいな……(ベコッ)」

从|||゚∀从 「はーど……らっく……?」





 ※

【魔術師】


( ゚∀゚)「おや……なんだここ。 『魔術師妖精ゼミナール』?」

( ゚∀゚)「実に興味深い。 冷やかしに入ってみよう」

('A`) 「ようこそ魔妖ゼミへ。 体験入学の方ですか?」

( ゚∀゚)「い、いえ……ここはどういったところなんですか?」

('A`) 「コホン。 よくぞ聞いてくださいました」

( ゚∀゚)「……はあ」

('A`) 「受講者に、さまざまな魔法を習得してもらい……」

('A`) 「セルフ自慰ライフを、より充実したものにできるよう支援します」

(; ゚∀゚)「なんか色々間違ってませんか?」

('A`) 「最近は積極的にテレビCMなんかもやってます。
    通称、代々木魔術師妖精専門はっちゃけ育成ゼミナール(株)。 以後お見知りおきを」

( ゚∀゚)「通称の方が長くないですか?」

('A`) 「20歳以上・童貞、いわゆる『ヤラハタ』が入学の条件です。
    貴方に宿る魔法の素質を、是非我が学園で見出してください」

( ゚∀゚)「ふむふむ、30歳を越えると大魔道士コース……超うさんくせえ……」


('A`) 「では、実際に講義の様子を交えつつ、御説明いたします」

<ヽ`∀´> 「スクルト! スクルト!」

( ゚∀゚)「えと、先生、これは一体……?」

('A`) 「防御魔法ですね。守備力がアップします(性的な意味で)」

<ヽ`∀´> 「スクルト! スクルト! ずっとスクルトのターン!」

('A`) 「重ね掛け可能。 皮の厚さがよりアップします」

(; ゚∀゚)「鉄壁だな。 世間の流れに逆行している」


( ^Д^) 「インパス! インパス!」

( ゚∀゚)「先生、これは?」

('A`) 「鑑定魔法です。 ダウソしたエロフォルダの安全度を色で区分します」

( ^Д^) 「せっかくだから、俺はこの赤の箱を選ぶぜ!」

(; ゚∀゚)「節子それミミックや。 鑑定した意味ねえじゃん」


(-_-) 「ザオラル! ザオラル!」

( ゚∀゚)「先生、これ……」

('A`) 「蘇生魔法です。 50%の確率で股間が復活(性的な意味で)」

( ゚∀゚)「残り半分は?」

('A`) 「やさしさです。 おっと、これ以上はとても……」

(; ゚∀゚)「なんかリスク高そうだなー」


( ´ー`) 「ラナルータ! ラナルータ!」

( ゚∀゚)「あれは一体……」

('A`) 「昼夜逆転魔法です。 夜更けに熱中しすぎるとああなります」

(; ´ー`) 「メガンテ! メガンテ!」

('A`) 「自爆魔法です。 朝の訪れと同時に発動します」

(; ゚∀゚)「毎日がエブリデイ……」


(;`・ω・´) 「メラ! メラ!」

( ゚∀゚)「先生あの人は……」

('A`) 「あれは、単にオカズの名前を叫んでいるだけです」

(* `・ω・´) 「米良ああかわいいよぉぉお米良ああああぁぁあ」

(* `゚ω゚´) 「いいのおおおぉぉぉちゅっちゅしようねちゅっちゅぅぅうううう」

('A`) 「チッ……あの時のザオラル……失敗……」

(; ゚∀゚)「なんの副作用だよ。 危険極まりないがな」


lw´‐ _‐ノv 「はい、次の方どうぞー」

( ゚∀゚)「あ、あれ? あの人は?」

('A`) 「当学園の相談役です。 受講者のメンタルケアもばっちり」

(’e’) 「先生、アソパソマンでエロ妄想なんて無理です」

lw´‐ _‐ノv 「逆に考えるんだ。 『名犬バターとチーズ子さん』そう考えるんだ」

(’e’*) 「なるほど! 逆転の発想だね!」

(; ゚∀゚)「魔法関係な ('A`)「言葉のマジックってやつです」


('A`) 「さて、ご入学の意思確認が済んだところで、契約書にサインをお願いします」

(; ゚∀゚)「ちょっと待てよ。 誰も入学するなんて言ってないぞ」

('A`) 「私のモットーは 『 安い! うまい! サラマンダーよりはやーい! 』 です」

('A`) 「さ、とっととサインして」

(; ゚∀゚)「意味わからんがな。 せっかくですけど、僕は」

('A`) 「く……静まれ! 俺の右手が暴走する前に早く……」

(; ゚∀゚)「それ魔法違う。 つーか力ずくなのかよ」

('A`) 「ちょっとみてみて! 必要書類の □←この部分!」

( ゚∀゚)「?」

('A`) 「こするとカレーのにおいがするよ!」

(; ゚∀゚)「昔のコロコロな。 古すぎて誰もわからないがな」

('A`) 「3分間だけ待ってあげます。 早くこの願書にハンコを」

( ^Д^) 「ニフラム! ニフラム!」

(゚A゚) 「目があぁぁああ目があああぁぁあ」

( ^Д^) 「わーい! ジブリがいっぱいだー(性的な意味で)!」





 ※

【ねこ】


( ゚∀゚)「待ち合わせだー(シンプルかつ的確な状況説明)」

( ・∀・) 「ペニサスの奴遅いなあ……って、言ってるそばから来た」

( ゚∀゚)「あれ? あいつ何か抱えてるぞ?」

('、`*川 「やほー♪ 遅れてごめーん」

('、`*川 「ねえ見て見て! 捨てねこ拾っちゃった!」


 ( ФωФ)


( ・∀・) 「でかっ」

( ゚∀゚)「これねこなのか? あんまりかわいくないなー」

( ФωФ) ニャー (フ……フハハハハハハハ!)

( ФωФ) ニャー (我輩は猫である! 名前はまだ無い!!)

( ・∀・) 「よーしよしよしよし。 おいでマダナイ」

(; ゚∀゚)「それは違うだろ」

( ФωФ) ニャー (下賎な蛮族め! 汚い手で触れるでない!!)

(#・∀・) 「テメエ黙ってれば言いたい放題言いやがって!」

(; ゚∀゚)「猫語理解すんな。 何のために括弧書きしてるのか察しろよ」

( ФωФ) ニャー (怠惰の汚泥に肩口まで浸った憐れむべき愚民どもよ!)

( ФωФ) ニャー (我輩のもとへひれ伏せ! そして一握りのにぼしとキャットフードを!)

( ゚∀゚)「見たところお腹が空いてるみたいだな」

( ・∀・) 「ほら、お昼の弁当の残りだ」

(* ФωФ)ニャー (むしゃむしゃ)

( ・∀・) 「おいしいだろ? バラン」

Σ(; ФωФ)=3 ブッ (貴様図りおったな!?)

(; ゚∀゚)「ナチュラルな虐待だな。 お前も普通に食うなよ」

('、`*川 「見て見て、この子背中にファスナーついてるよ」

 →( / ФωФ)

(#・∀・) 「チャックじゃボケ!」

(; ゚∀゚)「切れるところじゃないだろ。 どうせだから開けてみようぜ」

('、`*川 「引きずり出そう! 中の人引きずり出そう!」

(; ・∀・) 「よせ! 永久出入り禁止になってもいいのか!」

( ゚∀゚)「夢の国なんてありませんよ……ファンタジーやメルヘンじゃあるまいし……」


 ビィィィィィイイッ


( ゚∀゚)「開いたぞ。 中にいたのは……」

(; ・∀・) 「お、俺だったァ─! 今開けていたはずなのにッ」

( ゚∀゚)「んなこたあない」

('、`*川 「息を止めると時間が止まる……」

(; ゚∀゚)「それ違う漫画な。 あ、ねこが勝手に……」

( // ФωФ) ニャー (ワガハイ的脱皮! とうっ!)


  (( ミ,, Фω/ ФωФ))) ノソノソ……

  ミ,, ФωФ彡 ジャジャーン   (/ / ФωФ)


ミ,, ФωФ彡 ヌー (夏毛に生え変わりました)

(; ゚∀゚)「なんでそっちのがフサフサしてるんだ」

ミ,, ФωФ彡 ヌー (フハハハハ! チャックの数も二つに増量!)

(; ゚∀゚)「まだ中身があるのかよ……」

ミ,, ФωФ彡 ヌー (それだけではない! 声優だってわさびからのぶ代に!)

( ゚∀゚)「明らかに退化しとる」








 ※(; ゚∀゚) <ってな感じで、明日へ続く

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/432-d4fa0fed

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1742]

会話文だけの作品って難しいよな。
厨二バトルしか書けないぜ……
  • 2008-12-13 16:45
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1743]

>※1742
 まあ、地の文を使わずに状況説明しなきゃならんわけだけど、実際なんとかなるもんです。
 テンポを損なわないようにするため頭を捻ります。
 というか、むしろそっちのほうがええやないか!
 バトル書ける人はマジ尊敬ですよ。 ダシ取ったあとのにぼしあげるね。

 ゆる~い厨二バトルを書きたいのだけれども、
 設定を記したプロットばかりが溜まる一方で、最初の一行すら書けない始末。
 にんにん。
  • 2008-12-14 05:35
  • 中の奴@ ⊂三('、`*川 シュッ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。