Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/433-c3842dec

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1744]

ほのぼのしていいな~、くすりと笑えていいね。
  • 2008-12-14 07:28
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1745]

>※1744
 そう言ってもらえると光栄であります。
 これで三日ぶんの更新記事が稼げたぜ!(本音)


 (* ^ω^) ・・・


 (* `益′) ニコッ
  • 2008-12-15 04:58
  • 中の奴@ ( ;∀;) イイホメゴロシダナー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【自作品】( ゚∀゚)一レス劇場 「ジョルジュ君」 (in オトナ合作 ver.) ②

 
 ( ゚∀゚) <昨日の続きだぜー
 
 

 ※
 
【( ゚∀゚)×从 ゚∀从】


( ゚∀゚)「しっかし、夏休みは暇でしょうがねーや」

J( 'ー`)し 「ジョルジュ、アンタにお客さんだよ」

( ゚∀゚)「mjd? だれだれ?」

J( 'ー`)し 「アンタの大好きな女の子だよ。 熟れた果実だよ。 垂涎だよ」

(; ゚∀゚)「そういう言い方やめろよ。 で、誰なの?」

J( 'ー`)し 「タイトル見りゃわかるだろ」

(; ゚∀゚)「身も蓋もないなあ。 あ、いらっしゃい……」


゜・. 从 ゚∀从 ゜+.゜ヒャッハー


( ゚∀゚)「なんだ、イトコの高岡じゃないか……久しぶりだなー」

从 ゚∀从 「おうジョルジュ。 相変わらず右足が恋人か?」

( ゚∀゚)「ほっといてよね……ってそれどんだけ器用なんだよ」

J( 'ー`)し 「待っててね、いま麦茶に見せかけためんつゆ持ってくるからね」

从 ゚∀从 「いえ、おばさんおかまいなくー」

( ゚∀゚)「そこは構ってやってくれよ」


从 ゚∀从 「じゃあ、二人きりになったことだし……」

从*゚∀从 「突然ですがっ! ここで王様げぇーむ!」

( ゚∀゚)「本当に唐突だな……」

从 ゚∀从 「さっそくいくぜっ! 全国の佐藤を根絶やしにするっ」

(; ゚∀゚)「鬼ごっこはよそでやってね。 リアル迷惑です」

从 ゚∀从 「いいからクジを引きな! 赤が当たり、青はハズレ、黄色は人類滅亡」

( ゚∀゚)「な、なんだってー。 ……青だ」

从 ゚∀从 「やーい、ハズレハズレ。 お前のとーちゃんわくわくさ……」

(; ゚∀゚)「そんな事実はない。 ならお前は奴の姪かよ」

从 ゚∀从 「そーら、赤だ! クィーンとお呼び!」

( ゚∀゚)「はいはい……何を命令するってんだい」

从 ゚∀从 「ラブラブデートだ! さ! さっそく外に行くぞ!」

(; ゚∀゚)「お、おい! ラブラブってお前……」

J( 'ー`)し 「ありゃ、飲み物はいらないのかい? せっかく薄めてきたのに」

从 ゚∀从 「いただきまーす。 ゴクゴク」

Σ从;゚∀从 「ぶほっ! な、なんですかこれ!」

J( 'ー`)し 「ニヤリ。 コーラに見せかけためんつゆだよ」

从 ゚∀从 「薄めたっていうから、てっきりカルピスかと……」

( ゚∀゚)「どこをどうやったら間違うんだ」


 ~ ~ ~


( ゚∀゚)「結局外にきちゃったよ。 このクソ暑い中……」

从 ゚∀从 「こうやって並んで歩いていると、色んな思い出が蘇るよなー」

( ゚∀゚)「まあ確かに。 お前は昔っから変わらねえな」

从 ゚∀从 「そう言うお前は二重人格だったよな。 もう影羅はいないのか?」

(; ゚∀゚)「やめておくれよ……過去の古傷をえぐるのは……」

从 ゚∀从 「そうそう、この卑猥なサトちゃん人形。 この道もよく一緒に通ったなー」

( ゚∀゚)「そういう思い出し方はどうかと思う」

从 ゚∀从 「覚えてるか? 秋にさ、この先にあった広場で……」

( ゚∀゚)「なんかあったっけ?」

从 ゚∀从 「おいおい、落ち葉を集めて焼きいも作ったじゃねえか」

( ゚∀゚)「あー、そういうこともあったなー」

从 ゚∀从 「それは夕食とは思えないほどの豪華さで……。
      ”豪華”これ以上の単語が見当たらない程、豪華だったな」

(; ゚∀゚)「またそれかよ。 ただのイモやんけ」

从 ゚∀从 「オナラで産業革命を起こすって息巻いてたよなー」

(; ゚∀゚)「んな事言った覚えないわ」

从 ゚∀从 「言ったって! ガチャピンの次に宇宙へ行くのは僕だってさ。 オナラで」

( ゚∀゚)「そう言われるとそうだったような……」

(; ゚∀゚)「いややっぱり言ってないぞ。 どさくさに紛れて刷り込むな」

从 ゚∀从 「忘れちまったのか……あの時の純粋な気持ち……放屁……」

( ゚∀゚)「な、なんだよ突然」

从 ゚∀从 「気付いてほしかったぜ。 オナラでたわしを狙うお前の横で……」

(; ゚∀゚)「パジェロにしろよ。 志低すぎだろ」

从 ゚∀从 「おしりみたいに揺れ動く……私の気持ちにもさ」

(; ゚∀゚)「なんだその例え」

从 ゚∀从 「実は私、昔っからお前のこと……」

从*-∀从 「……」

(; ゚∀゚) (こ、このシチュエーションはまさか)

(; ゚∀゚) (濡れた桃色のくちびる、閉じられたまぶた、ぐっと背伸びして強調されるおっぱい)

(* ゚∀゚) (ここから考えられる事実は……ひとつ!)

Σ从 ゚∀从9m彡 「人類は滅亡する!」

(; ゚∀゚)「って何回立ちはだかるねん。 ダムス時空越えすぎだろ」

从 ゚∀从 「どうだ? ハートがキャトルミューティレーションされそうになったろ?」

(; ゚∀゚)「代わりにミステリーサークル空けられたけどな……」

从 ゚∀从 「ま、微妙な乙女ゴコロってやつさwww」

(  ∀ ) (俺にだって……わからないことくらい、ある……)





 ※

【エロい能力バトル】


(*゚ー゚) 「あ、やっぱりヒートちゃんおっぱいおっき~」

ノハ*゚⊿゚) 「し、しぃこそ、肌が白くて綺麗だぞおおおお!」

lw´‐ _‐ノv 「米……もち米みたい」

(*゚ー゚) 「そんなことないよ~。 うふふ」

(; ゚∀゚) (諸君、私は人跡未踏の秘境!)

(* ゚∀゚) (『女子更衣室のロッカー』へと侵入を試みた!)

( ・∀・) 「すねえく げんきでしょうか いまめーるしてます」

(; ゚∀゚) (実際はバツゲームで放り込まれて、そのうち女子が帰ってきてしまったのだ!)

( ・∀・) 「ごめんね おれたちばかだから ごめんね」

( ゚∀゚) (大佐! 早く携帯で指示をください!)

ミセ*゚ー゚)リ 「どんなパンツかな~? えいっ」 ぴらっ

Σ('、`*川 「きゃっ! やったわね、おかえしっ」 ぴらっ

(* ゚∀゚) (大佐! 眼福です! 見目麗しいバトルが開始されました!)

(; ・∀・) 「スネーク! お前今すぐ俺と代われ! 生殺しはいやだ!」

(; ゚∀゚) (生殺しなのは俺のほうです! つーか脱出方法考えて……)

(*゚ー゚) 「クーちゃん、ぼいんたーっち」

川 ゚ -゚)「素直回避! とうっ」

从'ー'从 「いやーんまいっちんぐ☆」

川 ゚ -゚)「おかえしだ。 ともだ○○○──っ」

Σ(;*゚ー゚) 「きゃんっ! どこ触ってるのぉ!」

川 ゚ -゚)「参ったか、と○だちんこの派生技だ」

(; ゚∀゚) (伏せるとこ間違ってるぞ)

川 ^^ω川 「かかったなアホが! 稲妻十字空烈刃!」

*(#‘‘)* 「いったー! 何すんねんボケ!」

(; ゚∀゚) (なんかこっちはえげつねー)

( ・∀・) 「スネーク! 撮影しろ! 俺に画像をおくれ!」

(; ゚∀゚) (バレるがな。 無理です!)

(; ・∀・) 「くそっ、せめて声だけ……いや、においだけでいいから! ねっ!?」

(; ゚∀゚) (ますます無理です! つーかにおいってなんだよ)

「いやーん」 「きゃあ!」 「えっちー!」

(* ゚∀゚)(うひょひょ! にーぱいあーる! ぱいあーるにじょー!)

ν(・ω・ν) ))))))) カサカサカサカサカサ

ν(・ω・ν) クンクンクン

ν(・ω・ν) ほわっちょ

(゚、゚トソン 「ん? どうしたのほわっちょ」 ガチャッ

Σ|゚ノ ^∀^) 「あーっ! 何これ、ロッカーに」

(; ゚∀゚) (し、しまった!)

('、`#川 「あんた……! これは一体どういうことなのか(ビキッ)」

ノハ*゚⊿゚) 「説明してもらいましょー(バキバキッ)」

(; ゚∀゚)「い、いえそのあのっ(大佐、指示をください!)」

(; ・∀・) 「あわ、あわて、あわわわわわわわわわてるな」

(; ゚∀゚)「大佐──ッ! あんたこそ落ち着いてよ!」

(; ・∀・) 「よよよよしスネーク! 今こそザ・ワールド発動だ!」

( ゚∀゚)「と……隣の家に、塀ができたんだってねー」

( ・∀・) 「ブロック!!!」


   ( ゚∀゚) ドォーン


从#・ω・)=つ≡つ ボコボコボコボコボコ

Σ(゚∀(#;て 「ぶべぼごごごげげ(俺の時間を止めてどうする)!」

(# ゚ー゚) 「この変態! ギャラクティカマグナム!」

ノハ#゚⊿゚) 「氏ね! スピニングバードキック!」

川 ゚ -゚)「ともだ☆ちんこー」

Σ(:#゚∀(#;てて 「あばばばばばばっばばば(一人間違ってる)!!!」

川#^^ω川 「かかったなアホが! 稲妻十字空烈刃!」

('、`#川 「終わりだ! 天空×字拳!」

ΩΩΩ
川 ゚ -゚)「いえーい! 筋肉大移動ー!」

Σ(:#)∀(#;てて 「ぶぼぼぼぼぼぼぼぼびびやぶ(そこに移動してどうする)!!!」


( ;∀;) 「スネーク! 返事をしろ! すねえーっく!」
  っ旦~~~


( っ◎;) ズズズ・・・。

  
(* -∀-)=3 ホッ …。
  っ旦


(#:#)∀:(#;;:) (大佐……ミッション失敗です……大佐……?)





 ※

【何らかの大会】


(´・_ゝ・`) 「さて、今年もやってまいりました天下一品武道大会! 歯科医の盛岡です」

( ,'3 ) 「テレビの上のみなさんアニョハセヨ! 解説兼通りすがりの中嶋です」

(,,゚Д゚)「上等だゴルァ! 俺の名は俊足のギコ!」

(゜3゜)「カレー大好き黄レンジャー!」

( ,'3 ) 「ハイ、そしてこちらが前もって御用意しておりました、決勝のお二人です」

(; ゚∀゚)「料理番組かよ」


 ((( ,'3 ))) プルン


(´・_ゝ・`) 「運命のゴングが鳴ったー! 試合開始です!」

(゜3゜)「おらあ! レンジャー羽交い絞め!」

(´・_ゝ・`) 「おっと、先に仕掛けたのは黄レンジャー選手!」

(゜3゜)「ヨガヨガヨガヨガヨガヨガ」

Σ(;,,゚Д゚)「いでででででで!!」

(;´・_ゝ・`) 「捕まったら最後! 君が泣くまで殴るのをやめない!」

(; ,'3 ) 「やっぱりインド人、レベル8ともなると一味違いますねー」

(; ゚∀゚) (共通点カレーだけ?)

(,, Д ) 「ドナドナドーナードーナー……」

(´・_ゝ・`) 「これは決まったかー!? ギコ選手ダウン寸前です!」

「仔牛をのーせーてー」

Σ(´・_ゝ・`) ,'3 ) ゚∀゚) 「あっ、あれは!?」

(;゜3゜) 「……なにぃっ!?」

 (,,゚Д゚) ババーン 「荷馬車はゆーれーる、だゴルァ!」

(;´・_ゝ・`) 「おーっとお! 舞台の裏からもう一人のギコ選手が!」

(; ,'3 ) 「御本人! 御本人登場です!」

(; ゚∀゚)「ものまねかよ! つーか今までの奴ニセモノかい!」

(,,゚Д゚) 「ばかめ! そいつは四天王の中でも最弱だ!」

(;゜3゜)「あ……あと三人もいるのデスカー!?」

(; ゚∀゚)「反則じゃないの?」


(,,゚Д゚) 「ガッシ! ボカ!」

(;゜3゜)「ギャッ! グッワ!」

   ξ
(; 3 )ウウウ・・・。

(´・_ゝ・`) 「頭からちぢれ毛みたいのが出ています! 黄レンジャー選手ダウン!」


 ((((( ,'3 ))))) プルルンプルルン


(´・_ゝ・`) 「ここでゴングー! 優勝はギコ選手に決定です!」

(,,゚Д゚)「うっしゃあ! 余裕余裕!」

Σ(,,゚Д゚)b「隍ヲ、室爵芝 写爵叱失ハ、筍、ウ、キ、、フ萃、キ、、フ萃熙ヌ、ケ!!」

(; ゚∀゚)「勝ち台詞文字化けしてるぞ」

(,,゚Д゚)「あれ? もうちょっとソフトに言うか」

Σ(,,^Д^)b「萎びた○○○引っこ○いて奥歯○○○○○!」

(; ゚∀゚)「放送禁止用語かよ……」





 ※

【前立腺オナニー】


( ´_ゝ`) 「そんなわけで、今日は前立腺オナニーの特訓だ」

(; ゚∀゚)「どういうわけだよ。 つーか開発しなくていい」

(´<_` ) 「菊門を鍛えるため、手始めにアナリスクからやってみようか」

( ゚∀゚)「既にハイレベル過ぎな気がするんだが……」

(´<_` ) 「まずは兄者が手本を見せる。 その勇士、目に焼き付けておけ」

( ´_ゝ`) 「どこから脱いで欲しい? 上から? 下から? 後ろから?」

(; ゚∀゚)「後ろってなんだよ。 どこからだっていいがな」

(´<_` ) 「欧米式? 古代インカ式?」

( ゚∀゚)「なんだよその二択」

( ´_ゝ`) 「よーし、脱いだぞ。 穴の開くほどガン見しとけよ」

(´<_` ) 「兄者、穴はもう開いてるぞ」

( ´_ゝ`) 「HAHAHA! そうだったなマイブラザー。 イエスノー枕いっこやろう」

(; ゚∀゚)「うるさいっての。 もう好きにしてくれ……」

(´<_` ) 「さて、取り出したるはアメリカンな粒菓子」

( ´_ゝ`) 「最初はそっと入れるんだぞ。 フェザータッチが基本だ」

(´<_` ) 「赤子の手を捻るようにな」

(; ゚∀゚)「それ意味間違ってる。 つーか、俺が入れるのかよ」

( ´_ゝ`) 「いやか?」

(; ゚∀゚)「イヤに決まっとるわ!」

(´<_` ) 「しょうがない、前立腺のエキスパートを呼ぶか」

( ´_ゝ`) 「この中に仮性人、ED、クラミジアがいたら、あたしのところに来なさい」

(; ゚∀゚)「集めるメリットあるの?」

(´<_` ;) 「仕方無いな、今日は俺が入れてやろう」

( //_ゝ/) 「や……優しくし(´<_` ) 「聞こえんなあ。 兄者、後ろ向け」

( ´_ゝ`) 「ではではフリスク入れまして♪」

(´<_` ) 「コーラをちょちょっと流し込む♪」

Σ(; ゚_ゝ゚) 「しゅ……ぶしゅわあああああああああああ!!!」

(; ゚∀゚)「それメントスだろ! 大きさで気付けよ!」

(* ´_ゝ`) 「おっしゃあ! きたきたきたぁ!」

(´<_` ) 「間違い探しだ! 兄者の体で変わったところは?」


 ヽ(´_ゝ`)ノ 
  (  )   ・・・。
  ノω|

   ↓


 ヽ(´_ゝ`)ノ 
  (  )   !!!
  ノ【秘】|


(; ゚∀゚)「どう見ても股間です」

(* ´_ゝ`) 「いわゆる 『 ウホ!体験 』 ってやつだな」

( ゚∀゚)「それが言いたかっただけかよ……」





 ※

【オトナ】


(*゚ー゚) 「オトナになるって、具体的にはどういう事なの? わかんな~い」

( ゚∀゚)「それは永遠の命題さ。 俺もよく知らないけど」

川 ゚ -゚)「私が思うに、世の汚さや裏側を知ることだな」

( ゚∀゚)「まあごもっとも」

(*'A`) 「そうそう、裏側が感じるんだよなゲヒヒヒヒ」

(; ゚∀゚)「色んな意味でオトナな奴め」

('、`*川 「世の中ね、顔かお金かなのよ」

(; ゚∀゚)「世知辛いなオイ。 って回文かよ」

( ・∀・)
「オっと諸君、それなら俺も負けてはいないぞ。
 タてよみで対抗しようと考えた次第である。
 ナめこ」

(; ゚∀゚)「間違ってるじゃねえか! 3文字なのに! 最後の行も適当だし!」

( ・∀・)
「オっと心外
 ワたしはロムスカ・パロスペシャル・ラピュタだぞ
 タむし\(^o^)/」

( ゚∀゚)「わざとやってるだろ、それ」


  (('A`) サッ
  (  /)
  <●>

     ∴
  ('A`)ノ パッ
  (ヽ )
  <●>


|*'A`)っ∴:. パラパラ 「ほ~ら、オトナのふりかけだよぉ~☆」

(; ゚∀゚)「死んでしまえ!!」


  Σ((;'A`)ノ アッ !!
   (  )
   <ω>   ミ●


(*゚ー゚) 「……オトナ?」

川 ゚ -゚)「……いや、まったく」

('、`*川 「……おこちゃまね」

(;A;) ・・・・・。

( ゚∀゚)「……どんまい」





 ※

【('、`*川の憂鬱】


('、`*川 「はふう……参ったなあ」

( ゚∀゚)「どうしたんだよ、溜め息なんかついちゃって」

('、`*川 「悩み多き年頃なのよー……」

(*‘ω‘ *) 「ちょっと名前がヒワイだからって、気にすることないっぽ」

(; ゚∀゚)「君にだけは言われたくないと思うよ」

('、`*川 「……うーん。 実はね、告白されちゃったの」

Σ( ゚∀゚)「なんと。 相手は誰?」

( ´∀`)「それは僕だモナ。ペニサスさんが好きなんだモナ」

Σ( ゚∀゚)「モナー! で、OKしたの?」

('、`;川 「い、いやー、あまりに急だしー……」

(; ´∀`)「突然ですまなかったモナ。 でも、大好きなんだモナ!」

Σ('、`;川 「ちょ、こんなところで……」

(* ゚∀゚)「ひゅー、あっついねぇ」

(; ´∀`)「かかとからつま先まで、全部愛してるモナ!」

(; ゚∀゚) ('、`;川 (範囲せまっ)

(* ><) 「ちんぽっぽちゃん! みかんどうぞなんです!」

(*‘ω‘ *) 「ありがとだぽ。 わかもみかんも大好きだっぽ」

( ゚∀゚)「見ろよあの二人。 気遣いできる男っていいねえ~」

(; ´∀`)「僕だって負けてないモナ! ペニサスさん!」

('、`;川 「え、なに?」

(* ´∀`)「はい、肉まん入りダンボール」

(; ゚∀゚) 「それ食べ物ですら無えよ」

('、`*川 「そ、それで、告白の返事なんだけど……」

( ´∀`)「はいだモナ! 改めて言わせてもらうモナ!」

(; ´∀`)「ペニサスさん! 僕と付き合ってください!」

('、`*川 「わ、……わかったわ」

Σ( ´∀`)「ほんとですかモナ!?」

⊂三('、`*川 「デュクシ! デュクシ!」

Σ(´∀(##三 「ぞーりんげん!」

(; ゚∀゚)「……基本的すぎるわ」







 ※

※(; ゚∀゚) <そんなこんなで、また明日に…ミ,, ФωФ彡 ヌー

  
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/433-c3842dec

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1744]

ほのぼのしていいな~、くすりと笑えていいね。
  • 2008-12-14 07:28
  • 名無しぃ(*゚ー゚)
  • URL
  • 編集

[C1745]

>※1744
 そう言ってもらえると光栄であります。
 これで三日ぶんの更新記事が稼げたぜ!(本音)


 (* ^ω^) ・・・


 (* `益′) ニコッ
  • 2008-12-15 04:58
  • 中の奴@ ( ;∀;) イイホメゴロシダナー
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。