Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/44-f5e04617

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

|  ^o^ |と| ^o^ |が“友人の家”へ行くようです─(後)

 
【紹介】-----

 ギコ達のもとを後にしたブーム君とゆうたろう。
 次に向かった”友人の家”は、某所、暗い場所……。

 にこやかな二人がお馴染みのAAと織り成す、ほのぼのとしたやり取り。
 次に二人が向かうのは、ひょっとしてあなたの家かも?


 作者: ◆2VHb4ZVhwU   スレ: http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1195664626/

 


 
42 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:34:20.82 ID:nIXU6XEm0
<ヽ`∀´> 「ククク…今回のは完璧ニダ…!」




某所、暗い場所。

<ヽ`∀´> 「おろかなVIP人など、これで一網打尽ニダ!」

ニダーが嗤う。




VIPデパート、地下一階。

|  ^o^ |「ふぅ この涼しさは 生き返ります」

| ^o^ |「ええ 友人達の家を伝いながら 移動した甲斐がありました」

ここは食品売り場。彼らがピンチの時の無料レストランである。

試食して回ってある程度腹を膨らませ、ごく少量の買い物で済ます。
ブラックリストに乗るほど食うわけでも無い、賢い食事方法である。

ソーセージや焼肉、サラダ等の試食を少しずつつまんで周り、
冷房で少し体が冷えた頃に彼らが向かったのは定番のコーナーであった。

|  ^o^ |「こんにちは」

| ^o^ |「また きましたよ」


44 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:36:52.92 ID:nIXU6XEm0
<ヽ`∀´> 「来たニダか!待ちくだびれたニダ!」

そう、ニダーが受け持つキムチコーナーであった。


ニダーもVIP大学に通う同学年生。

デパートでバイトをして生計を立てる一方、独自にキムチを作って、いつかそれを商品として売り出したいと思っている。
VIP人をキムチ無しでは生きられなくして、将来的にはキムチに感謝してキムチを食うように仕向ける。それが彼の狙いである。

試食に毎回来る彼らに、ニダーは味見役として役立ってもらっているのだった。

ちなみにデパートの好印象店員、ナンバー1である。


棚の下から試食用のキムチとは別の何かを取り出す。漬けた日付がメモされたキムチのタッパーと、炊飯器。

<ヽ`∀´> 「今回のは完璧ニダ!食ってみるニダ! というかお前らよく来れたニダね。外の気温凄いんじゃないかニダ?」

|  ^o^ |「毎回毎回ご飯まで ありがとう 外は凄い気温です」

<ヽ`∀´> 「キムチは米と食うのが一番ニダ! そうニダね、熱中症で今日は7人倒れてるニダ、可哀想ニダ」

| ^o^ |「気温ばっかりはどうしようもないですね うん おいしいです」


45 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:37:53.91 ID:nIXU6XEm0
<ヽ`∀´> 「水はここに置いとくニダ!で、細かい感想は?」

|  ^o^ |「そうですね 辛さと甘みはベストですが」

| ^o^ |「ええ もうすこし酸味がほしい」

<ヽ`∀´> 「ああ、やっぱりニダか!正直誤差の範囲とおもったニダが、やっぱり鋭いニダね」

|  ^o^ |「おいしいものは それだけ差がわかりやすいのです」

<ヽ`∀´> 「嬉しい事いってくれるニダ!もう少し漬け込む時間を長くしてみるニダ、協力感謝ニダ!」

| ^o^ |「いえいえ 私たちこそ感謝です ではまた」

<ヽ`∀´> 「またくるニダ!待ってるニダー!」


手を振って二人を送るニダー。
彼がキムチ会社の社長となって被災者支援の募金をしたり、福祉施設を建設したりして感謝状を貰い、皆から愛されるようになるのはまた後の話である。


47 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:39:07.74 ID:nIXU6XEm0
|  ^o^ |「いい 偶然でした」

| ^o^ |「はい 彼のシフトが入ってる日でよかった お陰で食費が浮きました」

|  ^o^ |「さて これ以上いて ブラックリストに入るわけにはいきません」

| ^o^ |「そうですね 行きましょう」




――時刻は午後2時。
もっとも気温が上がる時刻である。


50 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:40:03.85 ID:nIXU6XEm0
デパートから近い位置にある高級住宅街。
その一角、きちんと整えられた庭、玄関の前に存在する門。

いわゆる裕福な家。
門の標識には、「流石」と書かれている。

(*´_ゝ`)「ほうほう、それでそれで?」

( ^Д^)「はい、その後は勿論… おーっと、その後は私には恥ずかしすぎて言えない!」

(´<_`;)「…」

(*´_ゝ`)「くーっ、やっぱりラブチュッチュなのか!」

( ^Д^)「それはお客様がこのブレスレットをお買いになってからご自身で体験するべきかと…他にもむふふな感謝報告がいっぱいですよ!」

(´<_`;)「…はぁ」

またか。弟者は溜息をついた。

最近、両親が留守なのを狙って訪問販売が頻繁に押しかけるようになってきた。
確かに家はそれなりに裕福だし、両親がいないことも多いし、兄者は簡単に引っかかるし…

ああそうか、完璧だ。完璧な条件だ。


51 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:40:50.17 ID:nIXU6XEm0
(*´_ゝ`)「どうしようか弟者、今だけ半額で25万にしてくれるってさ、このブレスレット!」

(´<_` )「あー、兄者、ちょっとこっちへ」

(*´_ゝ`)「えー、廊下暑いから嫌なんだけど」

(´<_` )「いいから。…よし、兄者とりあえず冷静になれ。あの体験談がブレスレットのお陰だという証拠は無いぞ?」

(*´_ゝ`)「いや、逆にお陰じゃないという証拠も無い!今度こそきっと本物だ!」

(´<_` )「そういって前も騙されたじゃないか…」

(*´_ゝ`)「むふふ、出会って即ベッドイン…ああなんという!」

駄目だこいつ、早く何とかしないと。
弟者が少し物騒な発想をし始めたとき、チャイムが鳴った。

( ´_ゝ`) 「むむ、客か」

(´<_` )「そのようだ …プギャーさん、申し訳ありませんが」

( ^Д^)「いえいえ私の事はお気にせずに!外に待たせているお方を入れてあげてください!」

チッ、帰るつもりはないか。
自分が応対している間に兄者が買ってしまわないことを祈りつつ、玄関に向かった。



52 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:41:58.78 ID:nIXU6XEm0
何処かは分からないが、大きな門の前。
定番の二人組がいた。

|  ^o^ |「ここは期待できますね」

| ^o^ |「その通り 兄者君は アレ ですが」

|  ^o^ |「はい 弟者君は いい人です」

| ^o^ |「場所が遠くなければ 最高だったのですが」


(´<_` )「はいはい…っと、あんた達か。どうせ涼みに来たんだろう?麦茶出してやるから上がりな」


|  ^o^ |「ああ なんという」

| ^o^ |「流石は 弟者君 わかってらっしゃる」 


(´<_` )「まぁ、お前らが苦労してるのは知ってる。それに比べてうちの馬鹿兄は…はぁ」


ぶつぶつ言う弟者を先頭に、すんなりと冷えた家に上がる。


53 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:43:12.75 ID:nIXU6XEm0
プギャーは焦っていた。
それもそうだ。ここの家族、両親がいない間は騙すのが容易いが、両親がいた時…それは死を意味していた。

あの似た顔の奴が頻繁に邪魔するせいで時間がかかってしまった。

経験的にもう帰ってきてもおかしくない時間である。
急がねば。大丈夫、後一押しでここに判子を押させられる。


そのときだ、彼らが来たのは。


|  ^o^ |「こんにちは」

| ^o^ |「こんにちは」

( ^Д^)「ああ、こんにちは!どうぞ私にはお構いなく!…で兄者さん、今購入していただければ無修正のビデオが…」

|  ^o^ |「あなたも 涼みに来たのですか」

( ^Д^)「え?」

同じ顔した奴らが俺の両脇に座っている。ええい邪魔だ、俺はそこの鴨と話しているんだ

( ´_ゝ`)「おお、お前等か!どうだ、このネックレス25万何だぜ!安くないか?」

よし、いいぞ 完全にノってきている

( ^Д^)「そう!ですが今だけです、今判子を押していただかなければ…」


54 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:44:20.40 ID:nIXU6XEm0
| ^o^ |「兄者君、さっきデパートで快楽天の臨時号が出ていましたよ」

( ´_ゝ`)「何ッ!?」

快楽天の臨時号だと、俺も欲しい じゃない!
邪魔するなお前等、急がないと俺が危ないんだ

(;^Д^)「か、快楽天の臨時号とこちらを同時に買えば、あなたはもっとはっp」

|  ^o^ |「後一冊でしたね 急がないと売切れてしまいますね」

このやろう丸顔

( ´_ゝ`) 「な、何だと!急がないと!プギャーさん、ちょっと待っててください、すぐに戻ってきますから!」

(;^Д^)「あ、行くならこれ買ってから!…」

静止の声もむなしく、そのまま鴨は外へ飛んでいった。
暑いだろうなぁ、すげぇなぁ性欲ってのは。

(´<_` )「…さて、麦茶と茶菓子です。兄が帰ってくるまでどうぞ“ゆっくり”してください」

茶と菓子を持って、「ゆっくり」をやけに強調しながらもう一人が入ってくる。
くそっ、分かってやがる。

(;^Д^)「い、いえ!用事ができてしまったのでここで私はお暇させて頂きます!」

|  ^o^ |「外は 暑いですよ」

| ^o^ |「ええ お言葉に甘えたほうが いいですよ」


55 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:45:25.16 ID:nIXU6XEm0
がっしりと服を掴んでくるミラー丸顔。
と、同時に聞こえてくる車のバック音。

不味い

(;^Д^)「ま、また後日伺います!は、離して、離せ!離してください!」

| ^o^ |「おやおや、この音は車の車庫入れかな」

|  ^o^ |「そうですね 今車のドアが閉まりましたね 家族の方が帰ってきたみたいです」

(;^Д^)「あ、あああああ」

い、嫌だ
いまだ入院中の同業人の言葉がよみがえる。
「アレは現代の鬼だ」

(´<_` )「お帰り、母者」




~暫くお待ちください~





―…可哀想な犠牲者が一人でた以外は実に平和に時が過ぎ。
家族のご好意で夕食までご馳走になったブームとゆうたろうは、丁度帰るところだった。


56 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:45:56.65 ID:nIXU6XEm0
|  ^o^ |「さて、ではお邪魔しました」

(´<_` )「また何時でも来てくれ。今日は助かったよ、有難う。臨時号なんて嘘だろう?」

| ^o^ |「はて、何のことでしょう 本当に売切れてしまったのかもしれません」

(´<_` )「はは、そういうことにしておくよ。じゃ、また大学でな。金に困ったら業者行く前に俺のところに来い」

|  ^o^ |「覚えておきます それでは」


帰路に着く二人を暫く眺めた後、弟者も家へ入っていった。



――時刻は7時。
本日は熱帯夜。


58 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:46:54.89 ID:nIXU6XEm0
路地の一角。
「バーボンハウス」は午後7時からの開店である。

(´・ω・`)「…さて、今から開店だけども…」

主人であるショボンは少し残念がる。
今年の夏は非常に暑く、夜出歩く人間が少ない。

夜の街の雰囲気が好きな彼にとっては物悲しい季節である。

それでも常連は来てくれる。
大学の学友繋がりだったりもするが、出すものは吟味しているので後悔はさせていない自信がショボンにはある。


そして、一人目の客が現れる。
正確には二人同時だが。


(´・ω・`)「いらっしゃい、…おや、珍しい」

予期せぬ友人達の来店に、顔を綻ばせつつサービスのテキーラを用意し始めた。



59 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:47:42.20 ID:nIXU6XEm0
|  ^o^ |「夜は夜で 暑いですね」

| ^o^ |「まったくです どこかに寄りたいですが 流石に今の時間からは」

|  ^o^ |「まぁ 押しかけようと思えば可能ですね」

| ^o^ |「まったくもって そのとおりです おや」

|  ^o^ |「どうしましたか」

| ^o^ |「そういえば 今の時間はバーボンハウスがやってますね」

|  ^o^ |「しょういえば しょうゆですね」

| ^o^ |「そうですね 忘れた頃に しょうゆ使うな」

|  ^o^ |「あいでんていていです ここから近いですし 行ってみましょうか」

| ^o^ |「はい 行ってみましょう」


そして。

(´・ω・`)「やぁ、ようこそバーボンハウスへ。何だ何だ、今日は珍しい来客ばかりだな」

|  ^o^ |「こんばんはショボン君」

| ^o^ |「おや、何処かで見たお方が」

彼らが入ったとき、既に二人組の来客があった。


60 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:48:46.97 ID:nIXU6XEm0
ξ゚⊿゚)ξ「げっ」

( ^ω^)「おっ、また会ったお!やっほーだおー」

ツンとブーン、今日最初に押しかけた人たちである。


(´・ω・`)「今丁度ツンから君等の愚痴を聞いていたところだよ。正直に言おう、グッジョブ」

グッっと親指を立てるショボン。

| ^o^ |「いえいえ、当然の事をしたまでです」

ξ゚⊿゚)ξ「きーっ、何処がグッジョブなのよ、何が当然なのよ!お陰で今日も何の進展も…」

( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「な、なんでも無いわっ!ショボン!きついのちょうだい!」


|  ^o^ |「ああ可哀想 なんと可哀想♪」

| ^o^ |「いいムードなら 呼んでくれ♪」

(´・ω・`)「俺達永遠独身隊♪」


ξ゚⊿゚)ξ「三人で踊るなっ!働けマスター!」

(´・ω・`)「しょぼん。…さて、ブームとゆうたろうは何を頼むんだい?」


61 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:50:08.38 ID:nIXU6XEm0
|  ^o^ |「私達はお金がないので 水をお願いします」

| ^o^ |「涼めれば それでいいのです」


(´・ω・`)「そうは問屋が卸さない。んー、君達は酒も余り飲めないしね… そうだ、ここのお手伝いをしてみないか?」

|  ^o^ |「お手伝い ですか?」

| ^o^ |「私達の 武勇伝をしってて ですか」

(´・ω・`)「知ってるからさ。正直娯楽で開いてる店だからね、少しくらい無茶してくれる従業員がいた方が楽しいのさ」

( ^ω^)「おっおっ、コーラかしょうゆか毎回どきどきだお!」

ξ゚⊿゚)ξ「面白いけどいやーな店になりそうね…」


(´・ω・`)「給料は応相談。まぁ来たい時に来ておくれ、午後7時から午前3時までならいつでもやっているから」

|  ^o^ |「なんという 本当にありがとう」

| ^o^ |「頑張ります ありがとう」


63 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:52:40.02 ID:nIXU6XEm0
(,,゚Д゚)「俺はこんな金の無駄遣いのための店になんか入んねぇぞ!…ってお前等!」

(*゚ー゚)「こんばんはショボン。あら、ブームとゆうたろう、ここで働き始めたの?」

<ヽ`∀´> 「ショボーン!お通しにこれ使ってみてくれニダ!ニダ?お前らも来てたニダか!」

( ´_ゝ`)「こんばんわー、っと。今日も暑いな!んで多いな客!」

(´<_` )「こんばんはショボン、学友達。暑いんでキンキンに冷えた物頼む」


夜は更けていく。

たまにコーラの変わりにしょうゆが出て、請求が十分の一になることもあれば百倍になることもあると評判の店になるのはまた後の話。

それなりに平凡に、ハッピーエンドで幕は閉じ。

それではまた明日。皆がいい夢を見れますように…




|  ^o^ |と| ^o^ |があまりの暑さに“友人の家”へ行くようです


おしまい


69 : ◆2VHb4ZVhwU :2007/11/22(木) 02:54:42.65 ID:nIXU6XEm0
おしまい。
初投稿です、とかは言うと先入観が入るだろうからやめておいた

支援、感想有難う
楽しんでくれたら幸いだ 

では、今度は長編で会えることを期待する






※ テラほのぼの。バーボンハウスに集う仲間たちが楽しそうで、こちらまで頬が緩む。

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/44-f5e04617

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。