Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/475-d98e49d0

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

【自作品】('A`) 麻雀で対決するようです③

 
 

~ ~ ~
 
起家: ('A`)
南家: キバヤシ
西家: 从 ゚∀从
北家: 阿部

~ ~ ~



【 東一局 】 ■■中■■■■


 ドクオ達が卓につき、シャキンのスイッチ操作によって親決めが終わると、
 牌が卓からせり上がってきた。

 しかし、いつも使っている隅の卓とは違い、
 各家の手元にも、牌がにょきっと上がってくる。


从;゚∀从 「おおっ!? え?」

(;'A`) 「わ……この卓、配牌も自動なんだ……」

(`・ω・´)「そうだよ。 フリーの卓は最新式だからね。
       ドクオ君は親だけど、最初に山から一個取るのを忘れないでね。
       少牌になっちゃうから」

(;'A`) 「は、はい……」


 
阿部&キバヤシ 「……よろしくおねがいします」

Σ(;'A`) 「あ、うう……?」

从 ゚∀从 「……?」 ペコリ

(`・ω・´)「はじめる前には、挨拶を頼みますね」

从 ゚∀从 ('A`) 「あ……」

从;゚∀从 (;'A`) 「よ、よろしくお願いします」

阿部&キバヤシ 「ああ、よろしく」


※フリーマナーその①
  対局前には「宜しくお願いします」と挨拶しましょう。
  挨拶が義務づけられているところもある。


(;'A`) 「……」 ドキドキドキドキ

从 ゚∀从 「お前親だろ、早く切れ」

Σ(;'A`) 「あ、ああ、うう」



 
('A`) 配牌: 一二四九(14578)3東発中中


(|||'A`) (ど、どうしよう、とりあえずコレだ) 打東。

Σ(;'A`) (あ……! ダブ東から切っちまった……)


 即座に南家の客がツモり、スムーズに打牌を終える。
 対面の高岡はまごまごと理牌していたが、すぐに牌山に手を伸ばす。
 それから、ビシッと叩くような音を響かせ、打牌を終えた。


 
(`・ω・´)「あ、二人とも、牌山を少し前に出してね」

Σ(;'A`)ノ⌒□ 「はい……あっ」 コロリ

从 ゚∀从 「ばっか、牌こぼすんじゃねえよ」

(;'A`)ノ 「すすすスミマセンスミマセン」

阿部 「……ああ、別に構わないから手をどけてくれ、牌を切れない」

Σ(;'A`) 「ああっ! ご、ゴメンナサイスミマセンホント」

(`・ω・´)「まあまあ、緊張しなくていいから」

(|||'A`) 「は、ハイ……」


※マナーその②
  捨て牌は河に六枚切りに、山は少し前に出してあげよう。


 
三巡目。

('A`) : 一二四(134578)3發中中  ツモ四

(;'A`) (と、とりあえずこれだ……) 打發。


 ひとまず、初巡と二巡目で場に二枚切れた發を合わせる。


(;'A`) (それにしても、みんな切るの早ええ……着いて行くのが精一杯だ)


 打ち慣れている感じの周りの客に比べて、
 明らかに緊張し、手が震えて理牌もままならないドクオ。

 同巡、対面の高岡が白を切り、北家の客がそれを仕掛けた。


从 ゚∀从ノ≡□ 「……」 パシッ

阿部 「ポン」  打中。

从;゚∀从 (げっ)


 
(;'A`) (うーん……。
     せっかくの親番、安手で軽く流されるのはイヤだな……)  ツモ西。

Σ(;゚A゚) (ち、違う!
      よく見たらその白、ド、ドラじゃねえか……!)  打西(ツモ切り)。

(;'A`) (しかも、焦ってたせいで中を鳴き忘れた……。
     ドラ表示牌に一枚、今切られたので一枚だから、もう中がない……)


六巡目。

从 ゚∀从ノ□ パシッ  打(6)。

阿部 「チー」   チー(645)  打8。

(;'A`) (うっ……そろそろヤバい、警戒しなきゃだ……)


 仕方なく中をトイツで落としたドクオが、どうにかシャンテンまでこぎつけた八巡目。
 対面の高岡が、高らかに宣言し、牌を曲げた。


从 ゚∀从つ⌒⊂・⊃ 「リーチ!」

(;'A`) (……きた!)




 
从 ゚∀从 捨て牌:
(9)發1(89)七 ←リーチ


(`・ω・´)「1000点棒は投げないで、卓の中央の窪みに置いてね」

从;゚∀从 「あ、サーセン……」


<ピコーン、リーチ♪ ←卓から流れる音声


 リーチ宣言牌の七萬に対し、ドラポンの北家は何のリアクションもおこさない。
 互いにツモ切りが続いた次巡、ドクオの手牌にも変化が訪れた。


('A`) : 一二三四四(134578)13  ツモ2

(;'A`) (テンパイか……。
     親だし、ここは一枚くらい勝負するべきだな……)

('A`) 「リー……」

Σ(;'A`) 「チ、ぁぅっ」

从 ゚∀从 「?」

(`・ω・´)「どうした?」


 
(;'A`) 「い、いえ、何でもありませんハイ、リーチです」

(|||'A`) (何やってんだ俺……俺のスタイルじゃここは100%ダマだろ!
     親とはいえ、待ちの6-9ピンは高岡のゲンブツだし、
     ドラポンの北家にも通ってるんだから……)


 後悔をいっぱいに込めつつ、こわごわと牌を切り出すドクオ。

 しかし、彼がリーチ棒を出すまでもなく、
 横に曲げようとした1ピンが高岡にストライク。


从 ゚∀从 「ロンッ!!」

Σ(;'A`) 「!!」




 
从 ゚∀从 : 三四伍(23)224r56789  ロン(1)


  ■■中■■■■ ■■八■■■■


从 ゚∀从 「チッ、裏はナシ。 メンピンドラの3900(ザンク)!」

(|||'A`) 「は、ハイ」 チャラッ


 裏が乗らなかったことにホッと胸を撫で下ろしながら、
 1000点棒を4本取り出すドクオ。


キバヤシ 「ああ、それはよくないな」

(;'A`) 「?」

(`・ω・´) 「五千点棒あるでしょ? そっちの黄色いのね。
       ここは千点棒じゃなく、それで払ってあげたほうがいいね」

(;'A`) 「あ、ええ? そうなんですか……?」

阿部 「次の局で、君の肉……リーチ棒がなくなるだろう?」

(`・ω・´)「局の途中で両替しなくていいようにね」

(;'A`) 「ア……な、ナルホド」


 
从 ゚∀从 「つーかよ、ちょうど3900点払えばいーことじゃねーか」

(;`・ω・´) 「それはもっとダメだ……」


※マナーその③
  スムーズな点数受け渡しができるとベター。
  次局のリーチ棒を無くさず、かつ、一人に100点棒が固まらないように。
 (東パツの3900点は五千点棒で支払うのがベスト)


(`・ω・´)「あと、高岡くんの手牌には赤5ソウが一枚あるから、
       ドクオ君はチップを一枚渡してね」

(;'A`)ノ■ 「あ、ハイ……これ」

从*゚∀从っ■ (ケケケ。
          満貫にはならなかったが、
          こいつから直取りしてやったぜ! ざまーみろ!)


 ('A`)    ……21100 (-3900)
 キバヤシ……25000
 从 ゚∀从 ……28900 (-1000+3900+1000)
 阿部   ……25000



 
【 東二局 】 ■■東■■■■

一巡目。

('A`) : 四r伍(2469)134西北白發  ツモ(8)

(;'A`) (ドラは南……高岡の風牌か……)  打西。


 東パツの失点を取り戻したいドクオだが、
 熱くならないよう、引き気味かつ慎重に手を進める。


六巡目。


('A`) : 四r伍(2456789)34發發  ツモ六

(*'A`) (思った以上に順調だ、早いテンパイが組めたぞ……)

(;'A`) (でも……發も鳴けなかったし、
     イッツーにもならない役無しテンパイか……)


 当然のことながら、場にはドラの南が一枚も姿を見せていない。
 対面の高岡は、三巡目に切った3ソウのあとに4ソウ、5ソウとツモ切り、
 「やっちまった」的な苦い顔をしている。



 
(;'A`) (うーん、相手も遅そうだし、やっぱりここはリーチかな……)

( A ) (しかし……)


  (´゚ω゚`)『 1 8 6 0 0 点 』

  从 ゚∀从 『 メンピンドラの3900! 』


 ドクオの脳裏に、さきほどまでのリーチ負けの記憶が蘇る。


(|||'A`) 「ううっ……」


 『 リーチの後で親の追っかけが入ったらどうしよう 』
 『 リーチの後、ドラの南を掴んで南家の高岡に振り込んだら終わる 』

 こういうメンタルの状態において陥りがちな思考であるが、
 それらのモヤモヤは着実に不調者の心を蝕み、蹂躙してゆくのだ。


(;'A`) (……6ソウ引きで三色の手変わりもある、あくまで慎重にいこう)


 結局、2ピン切りで役無し両面テンパイのまま、ダマに取ってしまうドクオ。



 
九巡目。

('A`) : 四r伍六(456789)34發發  ツモ(r5)


(;'A`) (これで赤が二枚……二枚もある、けどっ)


 依然として南の在処は不明、下家の親も手出しが入ってテンパイは近そうである。
 待ち牌の2-5ソウは、
 下家の親が二・三巡目に2ソウを二枚、高岡が五巡目に5ソウを一枚ツモ切りしていた。
 

(;'A`) (りゃ、リャンメンだけど待ちは5枚だし、う、ああ)  打(5)。


 結局ドクオはまたリーチをかけないまま、
 周りの切るテンポに合わせるように、5ピンをこわごわと切り出した。

 しかし、こういった無意味な『 とりあえずダマ 』が生みだすものは……。




 
次巡。


从 ゚∀从 「リーチ」

Σ(;'A`) (ううっ……!)


从 ゚∀从 捨牌:
(9)一345西
一東二(1) ←リーチ


(|||'A`) (こ、これって最悪なパターンじゃないか……!
     出アガリはきかないし、發を落として回すしか……)


同巡。


('A`) : 四r伍六(4r56789)34發發  ツモ2


(;'A`) (と、とりあえず相手の河には345があるし、この2ソウは通りそう……)

(;'A`) (發をトイツ落としして、なんとかピンフに持っていけば……)




 
Σ(;'A`) 「……あ」


 震える手で發を掴もうとし、そこでようやく気付くドクオ。


(;'A`) 「つ、ツモ……」

从 ゚∀从 「!」


('A`) : 四r伍六(4r56789)34發發  ツモ2


(;'A`) 「ツモ、赤赤……。
     ええと、1000-2000デス、スミマセン」

从 ゚∀从 「……はあ?」

从#゚∀从 「なんだそりゃ? なんでそれがダマテンなんだよ」

Σ(;'A`) 「う、うぅ……」



 
(`・ω・´) 「こら、そういう事は言っちゃダメだよ」

从 ゚∀从 「……サーセン」


※マナーその④
  他家のアガリや打牌、仕掛けなどに対する批判はダメ。


阿部 「赤が二枚だから、チップ二枚だな。 ほら」

('A`) 「……あ、ありがとうございます」

(`・ω・´)「ツモあがりはオールだよ。 高岡くんも彼に二枚あげて」

从 ゚∀从 「はーい。 ほらよ」

(;'A`) 「うぅ……ど、どうも」

从 ゚∀从 (ケッ……まあ、リーチされてなくて助かったぜ)



 
 フリー初アガリは、いかにも彼らしいダマツモ1000-2000。
 しかし、結果論とはいえ、赤二枚持ちの一発ツモを逃しており、
 アガったのになんとなく後味の悪いドクオ。

 点棒の受け渡しが済むと、高岡が怒ったような手付きで牌を流しているのを見て、
 彼はまた萎縮するのだった。


 ('A`)    ……26100 (+4000+1000)
 キバヤシ……23000 (-2000)
 从 ゚∀从 ……26900 (-1000-1000)
 阿部   ……24000 (-1000)




 
10


【 東三局 】 ■■8■■■■


从 ゚∀从 (よっしゃー、親だな。 ここで決めてやる!)

(;'A`) 「……」


 ドクオとは対称的に、だんだんフリーの緊張にも慣れてきた感がある高岡。
 いまだおぼつかない手付きで理牌するドクオと違い、意気揚揚と南を切り出した。


一巡目。

('A`) : 四四伍七八(28)1348北中  ツモ九

('A`) (……よし、そう悪くはない。
    打点は叩けないかもしれないけど、親流しに専念しよう)  打北。



 
四巡目。

('A`) : 四四伍七八九34488中中


 ここで下家から中が切られるが、
 ドラのないリャンシャンテンということもあり、ドクオは慎重に一枚目をスルーした。


次巡。

('A`) : 四四伍七八九34488中中  ツモ5


(;'A`) (どうしよ……とりあえずマンズの両面を固定しようかな)  打四。


次巡。

('A`) : 四伍七八九344588中中  ツモ9

('A`) (ドラか……。 じゃあ、使い切る方向で……)  打8。


 ここで4ソウではなく、ドラ表示牌の8ソウを落とし、
 ソーズのドラ含みペンチャンを確定させてしまうドクオ。
 しかし、こうすると……。



 
八巡目。

从 ゚∀从ノ[中]


('A`) : 四伍七八九(4)34589中中

('A`) (あ……)

(;'A`) (しまった、ノーヘッドになっちゃったから、中が鳴けない……)


 そうこうしているうちに、ドラターツ789ソウのキー牌である7ソウが、
 場に二枚放られてしまう。


十一巡目。

('A`) : 四伍七八九(4)34589中中  ツモ六


(;'A`) (うあ、やっぱり……)


 三色手代わりも遠い、役無し愚形テンパイ。


(;'A`) (うう、4ソウを切ってるからスジ引っ掛けとはいえ、
     場に二枚切れの役無しペン7ソウでリーチを掛けるわけには……)  打(4)。


 
次巡。


阿部 「リーチ」

(;'A`) (あ……こりゃ、無理だ……)


 結局、中のトイツ落としをはさんでベタオリに回る。


从 ゚∀从 (くそっ……なかなかテンパイしねえ……)




 結果は流局。


阿部 「テンパイ」
 阿部: 一一(123345)22278


(;'A`) (ふう、なんとかオリ切れた……)

从 ゚∀从 (……まあいい、親はあと一回残ってるからな)



 
阿部 「ふむ。 さすがにこの巡目のリーチじゃ無理だったか」

キバヤシ 「ここまでくると偶然ではない……。 もはや 『 必然 』 ──!!」

阿部 「悲しいこと言ってくれるじゃないの……」


 ('A`)    ……25100 (-1000)
 キバヤシ……22000 (-1000)
 从 ゚∀从 ……25900 (-1000)
 阿部   ……26000 (-1000+3000)



 
【 東四局 ⊂::::⊃×1 ⊂・⊃×1 】 ■■(9)■■■■


一巡目。

('A`)  :二四伍(579)r5679東南中  ツモ七

(;'A`) (……うーん、悪くはないぞ、567三色も見えるしなあ)  打東。


 高岡は、三巡目に切った北が四巡目、五巡目と連続でかぶり、
 「ぐえっ」という、苦虫を噛み潰したような表情をしている。

 その様子に、シャキン含む三人の間では和やかな空気が流れるが、
 自分の手牌に集中しきっているドクオには見えていない。
 どちらにしろ、彼にはそれを見て微笑むような余裕なんてない。


(;'A`) (頼む、ここらで一度、高岡を突き放せるような手に育ってくれ……)


 その願いが通じたのか、ドクオの手牌は順調に推移し、
 中盤過ぎには好形のイーシャンテンへと変化した。



 
九巡目。


('A`) : 一四伍七八八(3567)r567  ツモ(4)


(*'A`) (……よし! ドラの1ピンは絡まないけど、タンピン赤がほぼ確定……)

 
 普段の彼なら七萬を切るのだが、567の三色目が残っていること、
 また七萬は親のゲンブツということもあり、ドクオは一萬を落としていった。


(;'A`) (いくらダマが信条の俺とはいえ、
     三・六萬先埋まりのピンズ3メンチャンなら、
     強気に、満貫確定リーチを決行だ……)

 
 しかしその喜びも束の間。
 イーシャンテンのまま巡目だけが深くなってゆき、
 十二巡目にさしかかったところで……。



 
      ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `′
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \     ツ 
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__     モ
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /       
       l   `___,.、     u ./│    /_   !!
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l;';';';';';';\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、;';';_/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i   
.     |     |:.l. /';';';';';|=  ヽ/:.| .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」 ))
      l.    |:.:.l./';';';';';';'!    /:.:.| i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |:.:.:.!';';';';';';';'|  /:.:.:.:!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |:.:.:.:l;';';';';';';';| /:.:.:.:.:| i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |:.:.:.:.:l;';';';';';';'|/:.:.:.:.:.:.!│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7 ))
        l  |:.:.:.:.:.:l;';';';';'/:.:.:.:.:.:.:.:| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |:.:.:.:.:.:.l;';';'/:.:.:.:.:.:.:.:.:.|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |:.:.:.:.:.:.:∨:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.!   /ヽ::: `:::    ::::  ....::..../ 


Σ从;゚∀从 Σ(;'A`) ビクビクッ




 
キバヤシ: 四伍六(12334r5)2346  ツモ6


キバヤシ 「あいつの仕業か……レジデント・オブ・サン(太陽の住人)!!
       1000-2000は 1100-2100の一枚!!!!」

从;゚∀从 (れ、れじ……?)

阿部 「渋いアガリじゃないの。 仮テンのままツモかい?」

キバヤシ 「違う、これは……」

キバヤシ 「第五の力だよ!!!!」

(;`・ω・´)(………………?)

(;'A`) (し、しまった……。
     さっき親が切った六萬はチーして、テンパイに取るべきだった……)


 安くはなれど、供託リーチ棒を含む3300点回収のチャンスを逃したドクオ。
 各家ともに平たい状態のまま、勝負は南場にもつれ込むこととなった。


 ('A`)    ……24000 (-1100)
 キバヤシ……27300 (+4300+1000)
 从 ゚∀从 ……24800 (-1100)
 阿部   ……23900 (-2100)


 
~ ~ ~

 ちょうどその頃、ブーン達のセット卓では……。


東四局・六巡目。


( ^ω^) : r伍六七(56778)r5777東  ツモ6

(* ^ω^) (この巡目で赤二枚、ピンフ三色確定テンパイだお!
       しかも高めツモ倍ときたwwwww夢がひろがるおwww)

( ^ω^) (ここはもらったも同然! 皆をあっと言わせてやるお!)

( ゚ω゚) 「 強 欲 リ ー チ !! 」  打東。

川 ゚ -゚) 「ロン」

Σ(; ^ω^) 「ダマはイヤああああ」


川 ゚ -゚) : 三三六六八八1188西西東  ロン東

川 ゚ -゚) 「ドラドラ(八)で、9600」

( ;ω;) 「しかも高いいいいい!」



 
ξ゚ 3゚)ξ 「あれっブーン、ひょっとして今の9600点で?」

 ゞξ゚⊿゚)ξノシ バサバサ

(´・ω・`)「え? ほんとに?」

 ゞ(´・ω・`)ノシ バサバサ


(; ^ω^) 「? なんだお、そのポーズ……」




 
⊂⊃                      ⊂⊃
         ⊂.\       /⊃
          \\/⌒ヽ.//
   ⊂⊃  ((   \( ^ω^)    ))
            /|   ヘ       空も飛べるはず
           //( ヽノ \\
        ⊂ /   ノ>ノ   .\⊃
             レレ   スイスーイ   ⊂⊃
           彡
\____________________/

                 (⌒)
         .          ̄
                O
               。

      ( ^ω^) …?
      .( ⊃⊂)


Σ( ^ω^) ハッ



 
( ;ω;) 「ひどいお! まだ僕はトんでないお!!」

ξ゚⊿゚)ξ 「あらー、残念ねえ」

( ;ω;) 「そりゃーあと500点しか残ってないけど!」

(´・ω・`)「あらら、虫の息だねえ」

(#;ω;) 「ぬうう! きしゃまら絶対に許さんおおおおお!」 ガラガラガラ

川;゚ -゚)ノ゙ 「あのう……先に点棒を払ってくれるか……?」


~ ~ ~

 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/475-d98e49d0

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。