Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/65-ae5eb982

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

('A`)ドクオは月夜を徘徊するようです

 
 ('A`)ドクオは月夜を徘徊するようです  ジャンル:スカトロ
 
 



213 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:35:44.16 ID:2Xml+ngG0
------------------------------------------------------------------------
ドクオはモニターの前でその動きを止めた。
目は血走り、唇はわなわなと震えている。

('A`)「はっ、はっ、スカトロ……スカトロ……」

ドクオにとってはあまりにも長時間といえる時間、真面目な文を書き続けてしまった。
そう、例の禁断症状が現れたのだ。

「スカトロ分減少症」

ドクオはスカトロ描写を程よい間隔で書かないと、発狂してしまうのだ。

('A`)「うんこ、うんこ、うんこ、うんこ」

駄目だ、うんこと繰り返すだけでは抑えられない。
体中が悲鳴を上げ、脳みそがスカトロ描写をしろと警鐘を発する。

ドクオは仕方なく、メモ帳にスカトロ描写をするために2ちゃんブラウザを最小化させた。
------------------------------------------------------------------------


214 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:37:31.14 ID:eiPrFpSmO
やっとスカトロが来るかwwwwww


215 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:39:55.10 ID:TvA7qlumO
逆に考えるんだ。
まじめな文とグロスカトロを平行してやればいいさと考えるんだ


216 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:40:24.42 ID:/33F38NP0
この糞野郎wwwwwwwwwwww


217 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:45:19.46 ID:2Xml+ngG0
ぴんぽんぱんぽーん。

ここで突然ですが、現行の作品を一時中断し、

         ('A`)ドクオは月夜を徘徊するようです

をお送りいたします。


スカトロ描写に嫌悪感を抱く方、似たようなスカトロ描写が好きになれない方は、
しばらく目を瞑っていてください。すぐに済みます。


218 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:51:24.53 ID:2Xml+ngG0
深夜の公衆便所はパラダイスだ、とはミッシャエル・スカンク・ド・クオ・スカトロの言葉だが、
意外にこの名言は夜に浸透していない。

サディズムに興味がなくとも、マルキ・ド・サドの名前を聞いたことがある人は多いだろう。
それなのに、スカトロに興味がなくとも。ミッシャエル・スカンク・ド・クオ・スカトロの名前を知っている人は少ない。
いや、皆無といっても良いのではないだろうか。

東京郊外の住宅街に位置する、小さな公園。
中央に噴水があり、その周りを瀟洒な椅子が囲っている。
デザイン的にも、衛生的にも評判の良い静かな公園だった。

だがその公園が一夜にして、そのイメージを文字通り茶褐色に塗りつぶしてしまうような
大事件が起こることなど、まだ誰も予想できていなかった。

たった一人を除いては。


ミッシャエル・スカンク・ド・クオ・スカトロをこよなく愛し、尊敬している唯一の存在。

その名は、人呼んで引きこもりのドクオ。


219 :閉鎖まであと 3日と 22時間:2007/01/19(金) 22:59:30.98 ID:2Xml+ngG0
ドクオの趣味は独特と形容せざるを得ない。
排泄物をこよなく愛しているのだ。
だが、尿は認めない。興味があるのはうんこだけである。

そしてその愛好の対象である排泄物の持ち主は、不細工はおろか、性別も問わない。
それが間違いなく人間の排泄物であり、うんこであり、下痢であるならなお良い
というのがドクオの信条だった。

('A`)「さて、そろそろ行動を開始するか」

実家の自室の壁一面に、引き伸ばされた大きなモノクロの写真が貼られている。
厳しい目つきで部屋を見渡し、口の上に蓄えた立派な髭を茶色に染めている人物の顔。

('A`)「ミッシャエル・スカンク・ド・クオ・スカトロ様。どうかお力をお貸しください」

うんこ座りをし、両手て顔を覆う独特の姿勢を保ったまま、ドクオは写真を見つめた。
この姿勢は、スカトロを称える姿勢。クリスチャンが両手を顔の前で組むのと同じだ。

ドクオは写真の髭を見つめた。
実はこれは染めているのではなく、食べた排泄物の名残がこびりついている
のだということを、知っているものは少ない。

('A`)「それではスカトロ様、行って参ります」

ドクオは顔を覆っていた右手をはずすと、肛門の下に下ろした。
ドクオが奇声を発すると、右手の上に湯気を立てる物体が姿を現した。


220 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:05:16.95 ID:2Xml+ngG0
ドクオはそれを再び肛門の中に戻すと、指をくわえながら部屋を出た。

閑静な住宅街は、ただ優雅な生活をためのものではなく、
ドクオのような変質者にも大きな恩恵を与えている。

人通りが少ない=人目につかない。
静か=近づいてくる警官の立てる音が即座に認識できる。

ドクオは静寂を破らないように気をつけながら、ゆっくりと電柱の影から顔を出した。

高級住宅街だからか、深夜にも関わらずライトだけを回したパトカーが二時間おきに徘徊している。
ここら辺はもともと犯罪率の低い場所だから、警邏中の警官たちも真面目に仕事をしていない。

('A`)「とはいえ、パトカーを見ると小便を漏らしそうになるんだけどな」

パトカーのバンパーが見えなくなると、ドクオは足早に公園へと向かった。

タイムリミットは、夜明けまでの五時間しかない。
やるべき仕事は山ほどあった。


221 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:13:46.12 ID:2Xml+ngG0
深夜の公衆便所にドクオが立ち寄る理由は、二つあった。

一つ目は、臭いを嗅ぐため。不衛生な公衆便所には、一種独特の臭いが立ち込めている。
二つ目は、便器にこびりついた排泄物の欠片を収集するため。

そのどちらも大事だが、すでにドクオは新たなオアシスを見つけていた。

公衆便所で流された汚水は、地下を巡ってとある場所で合流する。
大きな川の近く、公園のすぐ真裏に位置する、簡易濾水装置の収容された濾過施設だ。
濾過施設といえば聞こえはいいが、実際は小さな鉄筋立ての小屋と、小さな水槽、
そしてそれを取り囲む錆びた柵しかない、貧相な佇まいだ。

だがそんな貧相な佇まいをしているおかげで、警備は甘い。

ドクオは公衆便所で性欲を抑える時以外は、ここで水浴びをしていた。

汚水の溜まった水槽は、強い臭気と所々に浮かぶ排泄物の名残が絶景な名所だ。


222 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:16:07.56 ID:2Xml+ngG0
ドクオは金網から見える水槽を見ながら、口の中に溜まった唾を呑み込んだ。

('A`)「落ち着け俺。落ち着け。今日は入りにきたんじゃない、スカトロ様の名を知らしめるためにきたんだ」

でも、ちょっとだけならいいよな?

頭の中からスカトロ様の神々しい顔が消失する。
ドクオはリュックサックを投げ捨てると、あっという間に全裸になった。

そして、排泄物の浮かぶ濁った水槽へと、頭からダイブした。


223 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:22:23.46 ID:2Xml+ngG0
浮かぶ大便と共に汚水を吸い込み、口の中でがらがらと動かす。
それを飲み込むと、なんともいえない快感が全身を過ぎるのだ。
ドクオにはスカトロ仲間がいないので、未だ体験していないのだが、
直脱糞という行為に酷く興味をそそられている。

下着をつけたまま、脱糞をする。
または、相手に口を開かせ、その中に脱糞をする行為をいう。

直脱糞。良い響きだ。うんこに塗れた全身がちんこのように敏感になる。
全身を包んでいる汚水や、浮遊している排泄物がドクオの体に触れるたび、快楽が背筋を這い上がる。


224 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:23:00.88 ID:2Xml+ngG0
ねえ、読者の方大丈夫? 俺は本気で想像して気持ち悪くなってきたんだが


225 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:27:01.27 ID:TvA7qlumO
やりたいようにやればいいじゃまいか!


本音を言わせてもらうと無理


226 :閉鎖まであと 3日と 21時間:2007/01/19(金) 23:28:02.50 ID:2Xml+ngG0
快楽に溺れているドクオの頭に、突然声が聞こえた。

「ドクオよ、自らの快楽を求めるという行為は間違っていないが、
スカトロを布教するという目的が疎かになっていないか?」

ドクオはその神々しい声を聞き、無意識のうちに土下座をしていた。水槽の中で。

「うむ、責めているわけではない。だが、そろそろ目的を達したらどうかね?」

諭すような心地よい声。ドクオは反発する気も起きず、おとなしく水槽からあがった。
そして全身にこびりついた排泄物の欠片を削ぎ落とし、服を着た。

ドクオは再び土下座をすると、黙って小屋の中に入っていった。


227 :スカトロもの終了:2007/01/19(金) 23:45:13.79 ID:2Xml+ngG0
閑静な住宅街が俄かに活気付くお昼過ぎ、公園内は散歩をするもの、砂場で遊ぶ子供、
ベンチで優雅に井戸端会議を催すものを包み込みながら、穏やかに時間が流れていく。

突然、噴水の水が止まった。
はじめにそれに気がついたのは、ベンチで談笑している婦人だった。
婦人は怪訝そうに眉を下げ、じっと水の止まった噴水を見つめている。

次の瞬間、噴水の射出口からなにかが飛び出した。
それは弧を描きながら宙を舞い、婦人の頬に落ちた。
婦人は言葉を失い、頬についたものを拭って鼻に近づける。
そして下がった眉が歪に歪んだ瞬間、噴水から勢い良く茶褐色の液体が噴出した。

噴出したそれは、夫婦揃って仲良く散歩をしている老夫婦に、砂場でお城を作っている幼女に、
そして眉を顰めた婦人を含めた公園内の人間全てに降り注いだ。


閑静な住宅街に起きた珍事として、その事件は半永久的にその住宅街で語り継がれたらしい。
そして、犯人は捕まらなかったという。

当のドクオといえば、スカトロ愛好をさらに強め、別件で逮捕された。


 ('A`)ドクオは月夜を徘徊するようです:END
 



 ※なんというスカトロ……w
 
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://owatalife.blog122.fc2.com/tb.php/65-ae5eb982

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

- Info -

2ch・ニュー速VIP板に投下される
「ブーン系小説」スレッド群に関しての
感想・紹介・まとめ他を行うBlogです。
他、個人的な雑記なども。

メインコンテンツである
 感想文、短編作品まとめは
 こちらのページからどうぞ。
 一部自作品のまとめはこちら

※コメント欄にURLを書き込む際は、
  ”http://~” の
  頭の ”h”を抜いて下さい。

ブログ内検索

リンクその2

■ 更新停止ぽいまとめ

■ ブーン系含むVIPスレまとめ

■ レビュー及び作者・絵師サイト

■ 個人的ブックマーク・他ブーン系関連
※ 問題がある場合はお知らせください。
※ 当Blogはリンクフリーです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。